« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

ブラームス ヴァイオリン協奏曲/オイストラフ、セル、クリーブランドO.(SACD/CDハイブリッド盤)

Scan10090これは、今月初めに発売された、エソテリックのSACD/CDハイブリッド盤で、録音は1969年 、オイストラフのブラームスのヴァイオリン協奏曲の4つあるスタジオ録音のうちの一番最後のものだ。

指揮者は最晩年のジョージ・セルで、オーケストラの統率が見事で、オイストラフをしっかり支えている感じがする。しかし、私の個人的な愛聴盤は、この録音より9年前のクレンペラー/フランス国立管弦楽団とのEMI盤である。比べてしまうのはいたし方ない。英プレスのLP同士で聴き比べたとき、このセル/クリーブランドO.との録音は、オイストラフの演奏に大きな違いはないけれど、ヴァイオリンの美しさ、特にカンタービレの美しさは、クレンペラー盤に軍配が挙がるように感じるし、古い1960年の録音であるクレンペラー盤の方が、オーケストラの音色や録音のバランスに優れている感じがしていた。

第二楽章アダージョを聴き比べて見ると、クレンペラー盤の方がよりゆっくりとスケール大きく伸びやかに美しくヴァイオリンが歌う。それに対して、このセル盤は、ヴァイオリンが切ないほどに悲しく歌う。

このSACD/CDハイブリッド盤は、英国プレスのLPの音質を彷彿させるような優れた復刻であるし、LPではなかなか出ない音も聴こえる。しかし、録音の不満(おそらくクリーヴランド・サーヴェランス・ホールの音響が悪いのか、録音が好みでない)は相変わらずだった。

一般的にはクレンペラー盤よりもこのセル盤の方が有名なのであろうが、やっぱり、これからもLPでクレンペラー/フランス国立管弦楽団の演奏を聴くほうが多いだろうと思う。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

マーラー 大地の歌/クレンペラー、フィルハーモニア管、ニュー・フィルハーモニア管(SACD/CDハイブリッド盤)

Scan10089_2高級オーディオを手がけるエソテリックは、DECCAやドイチェグラモフォンのクラシック音源を中心に、高音質なSACD/CDハイブリッド盤を少しずつ発売しているが、これらの特徴の一つは、SACD層のみならずCD層の音質も従来CDの音質をはるかに上回る音質であることだ。だから、SACDプレーヤーを持っていない人がこれらを購入しても充分高音質の恩恵を受ける事ができる。

クレンペラーのマーラー 交響曲「大地の歌」はLP時代からの不朽の名盤であり、マイベストの「大地の歌」であるので、英国オリジナルLP、再発英国LP、現行発売の輸入ART盤CDをすでに持っていて、このブログでも紹介した。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-544f.html

エソテリックのSACD/CDハイブリッド盤でEMI音源で最初の発売が、このタイトルであることを私は素直に喜んだ。そして、聴いてみてやはり期待を裏切られない音質で発売してくれたことに感謝したい。通常CD盤であれば¥1000程度で買えるのだが、こちらは¥3300だが、少しも高い買い物をしたとは思っていない。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

R.シュトラウス ツァラトゥストラはかく語りき、英雄の生涯/ライナー、シカゴ交響楽団

Scan10086これは、1954年録音の復刻SACD/CDハイブリッド盤であるが、56年前の録音とは思えないほどレンジが広く音場の広がりも自然。アナログ録音特有の若干のヒスノイズを除けば、最新録音のものと比べても遜色が無いくらい。Richard Strauss in High Fidelityというタイトルに全く嘘はない。

演奏は、ツァラトゥストラはかく語りき、英雄の生涯いずれも、男性的で力強く雄大、それでいて統率が見事、非常に引き締まっていて全く乱れがない。現在でもトップクラスの演奏であると思う。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

リコーダー協奏曲、ソナタ集/ミカラ・ペトリ

Scan10085 これは、リコーダー奏者のミカラ・ペトリが1980年代終わりから1990年代のRCAレーベルへ録音した6枚組のセット。

6枚の中身は、キース・ジャレットのチェンバロのバッハとヘンデルのソナタやテレマンの2つのアルトリコーダーのためのソナタや、ヴィバルディ、アルビノーニ、サンマルティーニの協奏曲が入っていて、その中にはリコーダー協奏曲版の「四季」も含まれている。非常に中身が濃い。

特にキース・ジャレットのチェンバロのバッハのソナタは出色の出来で、普通はフルートやトラベルソで聴くこのソナタが、リコーダーでも素晴らしく聴けるもので、実に新鮮で躍動感ある感じである。個人的には、これ1枚を聴くだけでこのセットは充分に価値がある。

この6枚組のセット、地元のCD屋さんで¥1990だった。1枚あたり¥300ちょっとという計算になる。超お買い得でとっても得した気分だ。

ミカラ・ペトリは、CDだけでなく1980年代初め頃のフィリップス録音のLPを何枚か持っているし、生演奏も聴いた事がある。11歳でプロデビューした天才であり、もう50歳を超えたが、今もとっても綺麗な美人で、天から二物を与えられたような稀な人である。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

シューマン ピアノ協奏曲、ベートーベン ピアノ協奏曲5番「皇帝」/クライバーン

Scan10083これは、1960年と1961年の録音。いずれも、フリッツ・ライナー/シカゴ交響楽団とのスタジオ録音である。

特にシューマンが素晴らしい。音楽に勢いがあり、クライバーンの若さとチャイコフスキーコンクールで優勝した後の自信みたいなものを感じる。

CD層を聴いた印象でも音質もかなり良く、 お勧めなディスクである。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »