« アニー・ロスは歌う!/アニー・ロス、ゲリー・マリガン | トップページ | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲、ラヴェル ツィガーヌ/パイネマン、マーク、チェコフィル »

2011年3月29日 (火)

ベルリオーズ 幻想交響曲/ミュンシュ、パリ管(SACD/CDハイブリッド盤)

Scan10017
これは、発売されたばかりのベルリオーズ 幻想交響曲/ミュンシュ、パリ管(SACD/CDハイブリッド盤)である。アナログ録音時代の説明不要の名盤で、1967年の晩年のミュンシュとパリ管の情熱的な演奏は今も聴き手の心を捉えて離さない。

高級オーディオを手がけるエソテリックは、クラシック音源を中心に、高音質なSACD/CDハイブリッド盤を少しずつ発売しているが、これらの特徴の一つは、SACD層のみならずCD層の音質も従来CDの音質をはるかに上回る音質であることだ。だから、SACDプレーヤーを持っていない人がこれらを購入しても充分高音質の恩恵を受ける事ができることである。今月になって、このシリーズに新たに 2タイトルが加わった。

私はSACDプレーヤーを持っていない。だから、CD層での感想になるのだが、今までのエソテリックの発売していたSACD/CDハイブリッド盤とかなり様子が違う。金管が薄くヴァイオリンはややきつめで、低域のレンジの伸びが感じられない上に、綺麗に音場が展開しない変な音質なのだ。

おいおい、嘘だろう、震災などの影響で私の耳もダメになったかと思い、買ったオーディオショップでこのディスクを最新鋭の高級SACDプレーヤーで聴かせてもらった。だが、SACD層もCD層と同じように冴えない。しかし、従来の同じ音源のCDを持っていた人に言わせると、このSACD/CDはかなり音が良くなっているらしい。ということは、通常のCD盤はかなり音が悪いのだろう。例外もあるが、アナログ録音時代のEMIの復刻CDは音質が冴えないものが多い。音質が良くないと、幻想のような音楽は聴き手に音楽の良さも伝わらない。

LP時代には、フランス・パテ・プレスのLPならば、この音源はかなり高音質で、オーディオ雑誌にも音質のいいLPとしてリストに載っていたりもした。改めて手持ちのフランス盤のLPを聴いてみた。

Dsc_0002
これがそのLPで、高価なオリジナル盤はとても音が良いらしいがこれは再発盤である。オリジナル盤はLP盤のレーベル面の犬マークが半円型なのだが、こちらは小さな長方形だ。この再発盤はかなり安く手に入れていて、SACD/CDハイブリッド盤よりも安価だった。

音質的には、冒頭の音楽が鳴り出した時点で勝負ありで、いつもの安心できるフランスEMIの音質の良い音がする。古いLPレコードなので時々少しプチプチというノイズが出るのが欠点だが、それを除けばSACD/CDハイブリッド盤に劣る部分は何も無い。一言で言うとオーケストラの色彩感が印象的で、弦や金管の音色がSACD/CD盤とはまるで違う。

EMI音源のエソテリックのSACD/CDでは、既発売のクレンペラーやカラヤン、バルビローリなどは、かなり良かったのだが、このディスクに関しては期待はずれに終わった。

最後に、ミュンシュが1954年に録音したボストン響とのRCAの復刻SACD/CD盤の幻想を聴いてみた。何と、千円以下で買ったこの盤の方が音質が良い。13年も前の録音なのに!

Scan10019
この演奏は、晩年のパリ管よりも均整がとれていてどぎつい感じは控えめ。音質に関しては、この盤の方がずっと良い。LP時代には、パリ管との録音の方を良しとする人が多かったが、現代では演奏もこちらの方が良いという人は多いのではないか。それだけ、音質の良し悪しというのは、演奏から受ける感銘をも左右してしまう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« アニー・ロスは歌う!/アニー・ロス、ゲリー・マリガン | トップページ | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲、ラヴェル ツィガーヌ/パイネマン、マーク、チェコフィル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニー・ロスは歌う!/アニー・ロス、ゲリー・マリガン | トップページ | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲、ラヴェル ツィガーヌ/パイネマン、マーク、チェコフィル »