« ドニゼッティ ルクレツィア・ボルジア全曲/ペルレア イタリアRCA歌劇管弦楽団、カバリエ、クラウス他 | トップページ | ワーグナー ローエングリン /ケンペ ウィーンフィル »

2011年4月29日 (金)

バッハ シャコンヌ /ミルシテイン

Swscan00015

これは、バッハの無伴奏ヴァイオリンソナタ2番とパルティータ2番が組み合わされたLPで、1950年代にナタン・ミルシテインがCapitolレーベルに録音したもの。フランスPATHEプレスの古い盤である。

Swscan00016

パルティータ2番の最後の5曲目が有名なシャコンヌである。このLPレコードを引っ張り出してきたのは、ユーチューブに、ナタン・ミルシテインが弾いているシャコンヌの映像があったのを見てしまったから。おそらくテレビ番組の映像だと思うが、白黒の古いもの。演奏を聴くと、私がいつも愛聴している1970年代のドイチェ・グラモフォンのステレオ盤での演奏より、この盤の演奏に近い。そして、この盤の演奏も極めつけの名演である。

Part1

Part2

途中で、この演奏を聴いている観客の表情が写るが、それが何ともいえない恍惚の世界というか、バッハとミルシテインの世界に引き込まれてしまっているのがわかる。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ドニゼッティ ルクレツィア・ボルジア全曲/ペルレア イタリアRCA歌劇管弦楽団、カバリエ、クラウス他 | トップページ | ワーグナー ローエングリン /ケンペ ウィーンフィル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドニゼッティ ルクレツィア・ボルジア全曲/ペルレア イタリアRCA歌劇管弦楽団、カバリエ、クラウス他 | トップページ | ワーグナー ローエングリン /ケンペ ウィーンフィル »