« ブラームス クラリネット五重奏曲/ライスター、アマデウスQ. | トップページ | ヴェルディ アイーダ/ムーティ、ニュー・フィルハーモニア管、コヴェントガーデン »

2011年6月30日 (木)

ヴェルディ 仮面舞踏会/ムーティ、ニューフィルハーモニア管、コヴェントガーデン

Swscan00078

これは、まだ30歳代だったムーティが、ニュー・フィルハーモニア管とコヴェントガーデン王立歌劇場とに録音した、仮面舞踏会全曲のオリジナル盤。キャストも充実していて、アーロヨのアメリアのドラマチックな歌やドミンゴのリッカルドも素晴らしく、また、カップッチルリやコッソットも好演していて、音楽そのものに隙がない。ムーティは若々しくメリハリを利かせ、英国のオーケストラにイタリアオペラの明るさを持たせ、全体を引き締めている。35年前の録音だが音質は非常に良く、全く不満はない。

Swscan00080

英国EMIのオペラセットは、1971年ごろからこの黄色いレーベルになる。この時代のEMIの英国プレスのLPレコードのクオリティは当時の世界最高水準だと思う。QUADRAPHONICという文字が見えるように、このLPレコードは4チャンネルステレオ用を兼ねている。モノラルからステレオに移行するときに他社に遅れをとったEMIは、1970年代にはメジャーレーベルの中で最も4チャンネルステレオを推進しようとした。しかし、充分に普及せずに終わってしまったので、ステレオ化の遅れなどとともに、やっていることが裏目に出てしまっていた。

しかし、この時代までのEMIは、伝統的にその時代の最高のオペラ歌手と契約して最高水準のオペラの録音を行なっていて、それは、この録音にも当てはまる。ムーティ/コヴェントガーデンでは、録音も含め、アイーダも素晴らしい。

これは、コンディションの良好な英国オリジナル盤だけれど、現行の輸入盤CDを買うより安かった。オリジナル盤はどれも高いと思っているのは間違い。高いのは人気のあるごく一部の盤のみで、あとは時代遅れのゴミ同然。でも、解説書は立派だし、音質は良いし、取り扱いが面倒でかさばることを除けば、LPでオペラを聴くのも楽しい。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ブラームス クラリネット五重奏曲/ライスター、アマデウスQ. | トップページ | ヴェルディ アイーダ/ムーティ、ニュー・フィルハーモニア管、コヴェントガーデン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス クラリネット五重奏曲/ライスター、アマデウスQ. | トップページ | ヴェルディ アイーダ/ムーティ、ニュー・フィルハーモニア管、コヴェントガーデン »