« ベートーベン ピアノ協奏曲2番、月光ソナタ /バックハウス(米ロンドン盤) | トップページ | ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン(RVGリマスターCD) »

2011年7月29日 (金)

ブラームス 交響曲1番 /ベーム、ベルリンフィル(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤)

Swscan00038

高級オーディオを手がけるエソテリックは、クラシック音源を中心に、高音質なSACD/CDハイブリッド盤を少しずつ発売しているが、これらの特徴の一つは、SACD層のみならずCD層の音質も従来CDの音質をはるかに上回る音質であることだ。だから、SACDプレーヤーを持っていない人がこれらを購入しても充分高音質の恩恵を受ける事ができることである。今月になって、このシリーズに新たに 2タイトルが加わった。

ベーム/ベルリンフィルのブラームス1番はアナログ時代の名盤で、フルトヴェングラー/ウィーンフィル、ミュンシュ/パリ管のものとともに、ブラームス交響曲1番の名盤の御三家と呼べるようなものなのだ。1959年というとベームはまだ60歳代半ばで、気力も充実しており、頑固で無骨で素朴、それでいて緻密で彫りの深い演奏を繰り広げる。カラヤンのように洗練された感じではない。この演奏から受けるベームのイメージは、頑固一徹のドイツの田舎の紳士という感じだ。Esoteric SACD/CDハイブリッド盤でのブラームスの交響曲は、1番がベーム、2番がバルビローリ、3番がカラヤン、4番がクライバーというように指揮者違いで全て発売されたことになる。

例によって、SACDプレーヤーを持っていないので、CD層を聴いた印象を書いてみる。音質はアナログLPを聴いていても素晴らしいので、元の録音がとても良いのだろう、とても1959年の録音とは信じがたい。この時代の復刻盤のは、弦楽器がささくれたりぼやけたりしたものも多いが、そんな感じは受けない。低域方向のFレンジが広く、これはアナログLP再生ではまねできない。拙宅の装置では、LPレコードの方が彫が深い感じがするが、それは逆に言えばアナログLPの方が若干音が荒い感じがするからともいえる。CDは音が薄くなる感じがする復刻盤が多いが、これはそういう弱点もあまり感じられない。

0000645m

これが手持ちのLPレコードのジャケット。全てのアナログ時代の復刻CDが、このEsoteric SACD/CDハイブリッド盤みたいな音質なら、アナログLPも要らないのだが。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ベートーベン ピアノ協奏曲2番、月光ソナタ /バックハウス(米ロンドン盤) | トップページ | ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン(RVGリマスターCD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーベン ピアノ協奏曲2番、月光ソナタ /バックハウス(米ロンドン盤) | トップページ | ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン(RVGリマスターCD) »