« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その4 | トップページ | マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6 »

2011年7月20日 (水)

マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その5

Swscan00027

これは、1970年代後半のアナログ録音で、当時仲が良かったスティーブン・ビショップ・コワセビッチと録音したもの。バルトーク「2台のピアノと打楽器のためのソナタ 」、モーツアルト「4手のピアノのための5つの変奏曲とアンダンテ 」、ドビュッシー「白と黒で」、バルトーク「組曲『戸外にて』」の順番に収められている。20世紀の作品から18世紀のモーツァルトの作品になり、また20世紀へ戻ってくる、そういった趣向である。この中のバルトーク「2台のピアノと打楽器のためのソナタ 」は、一番快活で情熱のほとばしるような演奏が特に素晴らしい。モーツァルトは緩急が極端で明るすぎて違和感を感じる。

この時代のフィリップスの録音は自然であり、本盤はその良さをきちんと留めている。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その4 | トップページ | マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その4 | トップページ | マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6 »