« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その5 | トップページ | クリス・コナー/バードランドの子守唄 »

2011年7月22日 (金)

マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6

Swscan00028

アルゲリッチコレクション4の最後の6枚目は、デイヴィッド・ジンマン/ロイヤルコンセルトヘボウとの協奏曲が2曲。

バルトーク「2台のピアノ、打楽器と管弦楽のための協奏曲」は、ネルソン・フレイレのピアノとヤン・ラボルダス、ヤン・パストヤンスのパーカッションとの共演。

コダーイ「ガランタ舞曲」

の組み合わせで、1985年のデジタル録音。アルゲリッチの芸風は、テクニックと情熱的な演奏がこれら20世紀の協奏曲にもぴったりマッチしているので、この2曲も素晴らしいと感じる。特に、バルトークの方は、独特のリズム感が印象深い。

マルタ・アルゲリッチ コレクション4は、1970年代後半から1980年代のアナログ末期からデジタル初期にかけてのフィリップス録音のものを集めたものだが、この当時のフィリップスの録音が良かったことは、このCDからも充分に伺い知れるし、演奏は申し分なく良いものが集められているので、値段を考えると非常にお買い得なセットであると思う。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その5 | トップページ | クリス・コナー/バードランドの子守唄 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その5 | トップページ | クリス・コナー/バードランドの子守唄 »