« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6 | トップページ | テレサ・ベルガンサ/シングス・ロッシーニ(米LONDON初期盤) »

2011年7月23日 (土)

クリス・コナー/バードランドの子守唄

Swscan00087

このLPレコードを手に入れた。高価なオリジナル盤は、もっとジャズに入れ込んでいてマニアックな人が入手すれば良いと思うので、これは、高価なオリジナル盤とかオリジナルに近いアメリカ盤ではなく、TRIOレコードから発売された日本盤である。なので入手価格¥620とリーズナブル。BETHTEHEMレーベルの国内盤LPは、時代によって扱っていたレコード会社が移り変わっている。これは1981年発売のもの。JAZZが好きな方にとっては説明不要の名盤らしい。タイトルの「バードランドの子守唄」だけでなく他の収録曲も良くとても楽しめるLPレコードである。

この音源のアメリカ盤LPと日本盤LPを比べたわけではないが、一般的にアメリカ盤よりも傷がなければ総じて日本盤の方がノイズがなく圧倒的にS/Nが良い。それだけプレスの質は日本盤のほうがいいと思う。でも、何となく上品で整いすぎていて、ジャズっぽいテイストが薄められてしまうように感じられるのが日本盤であるというのも事実のような気がする。

しかし、ジャズの名盤の復刻は、アメリカ本国よりも盛んだったから、名盤の復刻盤の中古は日本盤の方が沢山あるので、アメリカのマニアが欲しがるものも多い。クラシックの国内盤のLPレコードは無価値で中古レコード屋さんが引き取ってくれない場合も多いが、ジャズの国内盤はまだまだ価値があるものが多いと思う。

このLPを入手したきっかけは、数年前に発売されたベツレヘム・ヴォーカル・セレクション「伝説の歌姫」という、アメリカのマイナーレーベルであるBETHTEHEMの女性ジャズヴォーカルの音源から良いとこ取りした寄せ集め盤のCDを聴いて、その中に入っていたクリス.・コナーの歌う「バードランドの子守唄」をLPで聴きたくなったからだ。

これが、ベツレヘム・ヴォーカル・セレクション「伝説の歌姫」 CD

Swscan00037

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6 | トップページ | テレサ・ベルガンサ/シングス・ロッシーニ(米LONDON初期盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルタ・アルゲリッチ /コレクション4 その6 | トップページ | テレサ・ベルガンサ/シングス・ロッシーニ(米LONDON初期盤) »