« ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン(RVGリマスターCD) | トップページ | ファリャ 「はかなき人生」全曲/フリューベック・デ・ブルゴス、スペイン国立O.他 »

2011年8月 3日 (水)

シューベルト 交響曲9番「ザ・グレート」/ケンペ・ミュンヘンフィル

Swscan00057

これは、先月、ベーム/ベルリンフィルのブラームス1番と同時に発売された、ESOTERICのSACD/CDハイブリッド盤である。このような、どちらかというとクラシックおたくが好みそうな音源まで発売したことに、少し驚いている。

ケンペは、堅実で職人肌の指揮者で派手なところは全く無いが、この音源では、ロマンチックで情熱的な演奏を繰り広げている。この録音で聴けるミュンヘンフィルは、管楽器の独奏が上手いと思う。下手な演奏だと、ただ長ったらしくなってしまうだけのこの曲が素晴らしく聴こえ、もっと長くても許容できてしまうような演奏だ。

さて、音質だが、CD層のみを聴いた感想である。元の録音は1968年にしては相当に良いと思われる。Fレンジも広く深みがあって雄大な低弦、深みのある管楽器、音色はかなり良い状態に保たれているし、音場も広い。

ケンペの残した録音で私的に気になるものは、ウィーンフィルと入れた「ローエングリン」、ドレスデン国立歌劇場といれた「ナクソス島のアリアドネ」、バンベルク交響楽団と入れた「売られた花嫁」などのオペラ物である。「ローエングリン」は、ドイツプレスの再発盤LPでもかなり高音質だし演奏も定評あるものなので、是非SACD化して欲しい。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン(RVGリマスターCD) | トップページ | ファリャ 「はかなき人生」全曲/フリューベック・デ・ブルゴス、スペイン国立O.他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジョン・コルトレーン/ソウルトレーン(RVGリマスターCD) | トップページ | ファリャ 「はかなき人生」全曲/フリューベック・デ・ブルゴス、スペイン国立O.他 »