« バルトーク ヴァイオリン協奏曲1番、ヴィオラ協奏曲/メニューイン、ドラティ、ニューフィルハーモニア管 | トップページ | ブルーノ・ワルター・コンダクツ・モーツァルト(6CD) »

2011年9月10日 (土)

バルトーク ヴァイオリン協奏曲2番、組曲2番/メニューイン、ドラティ、ミネアポリス交響楽団

Swscan00101

これは、1957年録音のMercuryレーベルから発売された復刻CD。1990年代半ば頃に手に入れたものだが、この当時、このMercuryの復刻CDのシリーズはかなり優秀な復刻として話題になったので、十数枚ほど買いこんでみたうちの1枚。

ミネアポリス交響楽団は、1949年から1960年までアンタル・ドラティが首席指揮者を勤めており、この録音でも、完全にドラティの手兵となっていて素晴らしい音楽を創っている。余白に入っている組曲2番はこの曲の世界初録音であることもあって、このCDの歴史的価値は高い。

メニューインのヴァイオリンは、EMIでのドラティ/ニューフィルハーモニア管との1965年録音盤と甲乙付けがたい。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« バルトーク ヴァイオリン協奏曲1番、ヴィオラ協奏曲/メニューイン、ドラティ、ニューフィルハーモニア管 | トップページ | ブルーノ・ワルター・コンダクツ・モーツァルト(6CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バルトーク ヴァイオリン協奏曲1番、ヴィオラ協奏曲/メニューイン、ドラティ、ニューフィルハーモニア管 | トップページ | ブルーノ・ワルター・コンダクツ・モーツァルト(6CD) »