« フォーレ レクイエム他 / ヤルヴィ、パリ管他 | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ/テツラフ »

2012年1月31日 (火)

チャイコフスキー、プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲/神尾真由子、トーマス・ザンデルリンク、ハレ管

Swscan00167
このCDは、神尾真由子がチャイコフスキー・コンクールのヴァイオリン部門優勝したときのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と彼女の芸風から得意であろうと思われるプロコフィエフの2番の協奏曲がカップリングされたもの。2010年に録音され、国内盤では先行発売されていたが、格安なEU盤は昨年2月に発売された。私のはEU盤である。国内盤には、DVDが付属したものもある。

神尾さんはまだ20歳代半ばの若いヴァイオリニストだが、10歳でシャルル・デュトワと共演するなど、小さい頃から才能が秀でていた。このCDを聴いて、チャイコフスキーは、男性にも劣らない強靭さと女性らしい美しさを兼ね備えた演奏であると思う。プロコフィエフとのカップリングは、同じロシアの作曲家のものであるので、メンデルスゾーンなどと一緒にされるよりは良かったと思うし、プロコフィエフでも彼女の芸風やテクニックが生きている。また、トーマス・ザンデルリンクとハレ管のサポートも素晴らしく、全体として立派な演奏になっている。彼女の今後の活躍に期待したい。

録音であるが、2004年に発売されたアンネ・ゾフィー・ムターとアンドレ・プレヴィンとのドイチェ・グラモフォン盤と比較すると、当盤の方が録音が新しいのにやや音が荒く分が悪い。決して悪い録音ではないが、現在の最高の録音というわけでもない。その点がやや残念。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« フォーレ レクイエム他 / ヤルヴィ、パリ管他 | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ/テツラフ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォーレ レクイエム他 / ヤルヴィ、パリ管他 | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ/テツラフ »