« ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番/ジャニス、ドラティ、ミネアポリスSO(Mercury Living Presence 6LP) | トップページ | プッチーニ トゥーランドット/M=プラデルリ、ニルソン、スコット他(英LP) »

2012年4月16日 (月)

ドヴォルザーク チェロ協奏曲他/シュタルケル、ドラティ、ロンドンSO(Mercury Living Presence 6LP)

Swscan00222
Mercury Living Presence 6LPから、6枚目のLPをご紹介する。ヤーノシュ・シュタルケルのチェロ独奏、アンタル・ドラティ指揮ロンドンシンフォニーによるドヴォルザークのチェロ協奏曲とブルッフのコル・ニドライの入ったもの。1962年の録音であるからちょうど半世紀前のものである。

シュタルケルは、コダーイの無伴奏チェロ組曲の演奏のイメージが強く、剛直なテクニシャンという感じがするが、このLPの収録曲は、剛直さを感じさせず曲想に忠実にあまり感情に溺れない演奏をしている。非常に質の高い素晴らしい独奏であるし、ドラティ/ロンドンシンフォニーも上手く付けている。特にコル・ニドライはより素晴らしいと思う。

この音源は、米国プレスのCDを持っている。このLPと手持ちのCDを比べると、弦の質感の違いを如実に感じる。LPを聴いた後CDを聴くと弦がざらついた感じがしてチェロの胴鳴りも希薄になる。半世紀前の録音であるが、このLPは現代の最新録音のCDよりも良い音に聴こえるのだ。Mercury Living Presence 6LPは、6枚共に素晴らしいもので満足できるものだった。3月10日ごろ発売されたが、もう既に売切れてしまっている。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番/ジャニス、ドラティ、ミネアポリスSO(Mercury Living Presence 6LP) | トップページ | プッチーニ トゥーランドット/M=プラデルリ、ニルソン、スコット他(英LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラフマニノフ ピアノ協奏曲2番/ジャニス、ドラティ、ミネアポリスSO(Mercury Living Presence 6LP) | トップページ | プッチーニ トゥーランドット/M=プラデルリ、ニルソン、スコット他(英LP) »