« ブラームス 交響曲4番 / ワルター、コロムビアSO | トップページ | mi camino con el flamenco/ラファエル フェイ »

2012年5月25日 (金)

マーラー 大地の歌 /バーンスタイン、ウィーンフィル、フィッシャー=ディスカウ、キング

Swscan00213

これは、バーンスタインがウィーンフィルを振り、DECCA/LONDONに1960年代後半、録音したもの。マーラーの大地の歌は、通常、テノールとアルトで歌われるのが普通だが、これは、アルトではなくバリトンのフィッシャー=ディスカウが歌っている。

Swscan00214

この録音は、マーラーを得意とし、初めてマーラーの交響曲全集を完成させたバーンスタインが、マーラーと縁の深いウィーンフィルを振っている事で当時話題になったものだが、歌手陣のジェームス・キング、ディートリッヒ・フィッシャー=ディスカウの歌も非常に素晴らしい。特に、最終楽章でのフィッシャー=ディスカウの歌は、考え抜かれテクニックも優れた極めて素晴らしい芸術的な歌唱という他ない。数日前に彼の訃報を聴いて、膨大な録音の中からこの1枚を真っ先に選んで冥福をお祈りしながら聴いてみた。

当時、バーンスタインはCBS/コロムビア・レーベルと専属契約を結んでいた。DECCAは、米国で人気の高いバーンスタインを借りるのと引き換えに、当時専属契約を結んでいたウィーンフィルとDECCAの録音技術者を貸し出してCBS/コロムビアの録音をする交換契約を結んだ。DECCAで発売したのはこの盤とモーツアルトの録音が、CBS/コロムビアからはファルスタッフと薔薇の騎士のオペラ全曲盤が発売された。

この盤は米国のLONDON盤で、1960年代に当時発売されていたLPレコードである。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ブラームス 交響曲4番 / ワルター、コロムビアSO | トップページ | mi camino con el flamenco/ラファエル フェイ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。最近クラシックにハマって、いろんなブログを見ているうちにお邪魔しました。

おすすめをたくさん紹介されてるみたいなんで、これからじっくり拝見しようかなと思います。

そうそう、ディースカウ、亡くなりましたよね。私が聴いたことがある数少ない声楽の方の訃報ということで、ニュースが目に止まりました。

投稿: ネリノ | 2012年5月26日 (土) 23時58分

フィッシャー=ディースカウは、シューベルトを初めとするドイツ歌曲やワーグナーやR・シュトラウスなどのドイツオペラなどだけでなく、フランス物やイタリア物などにも沢山録音を残しています。不世出の歌手なのですが、日本では、訃報の取り上げられ方が小さいような気がします。

偉大な歌手の死に臨んで、死をテーマにした「大地の歌」の最終楽章は、とてもふさわしいと思ったのです。

投稿: 黄金のアンコール | 2012年5月27日 (日) 07時42分

最近、室内楽版ですが「大地の歌」の実演に際し
あらためて曲の素晴らしさを認識しました。
初めて、この曲を聴いたのが、このバーンスタインでした。
高校生でしたので、さっぱり理解できませんでしたが…
この演奏はいまでも聴いています。
雄弁な「大地」の最右翼でしょう。
しかし、晩年の彼に再録音して欲しかった。

投稿: 影の王子 | 2013年1月 8日 (火) 21時15分

影の王子さんはじめまして。大地の歌は、通常は大編成のオーケストラで演奏されますが、実演だと声がきちんと聴き取れない部分が出てきます。室内楽版なら、その点はクリアできるでしょうね。マーラー自身が残したピアノ版が発見されて、サヴァリッシュのピアノマリャーナ・リポフシェク、エスタ・ヴィンベルイの独唱によって、国立音楽大学の講堂で初演された映像をみても、歌を聴くという観点からすると、伴奏はシンプルなほうが映える感じもします。

マーラーの「大地の歌」オーケストラ版は、何となく、当時の西洋の人たちの東洋への関心とともに、オペラチックなんですね。プッチーニのトゥーランドットなどと同根な部分もあるような気がします。

投稿: 黄金のアンコール | 2013年1月 9日 (水) 09時13分

黄金のアンコール 様
ありがとうございます。
「告別」の歌詞を見ると、死の諦観よりも
季節の巡りを述べているように思えます。
ご指摘のとおり、当時の東洋のブームを反映していたのでしょう。
「第9」とは切り離して、あくまでも「歌曲集」として聴くべきだと思われます。

投稿: 影の王子 | 2013年1月 9日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス 交響曲4番 / ワルター、コロムビアSO | トップページ | mi camino con el flamenco/ラファエル フェイ »