« メンデルスゾーン 交響曲3番「スコットランド」 ドゥダメル/ウィーンフィル | トップページ | ベートーベン ピアノ協奏曲1番、2番/児玉麻里、ケント・ナガノ、ベルリンドイツ響 »

2012年6月30日 (土)

シルフラ /ハーン、ハウシュカ

Swscan00653

これは、先月発売されたばかりの、ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)、ハウシュカ(プリペアド・ピアノ)のLPレコード。CDも併売されたが、限定発売の180g重量盤LPの方を買ってみた。ヒラリー・ハーンは、若手女流ヴァイオリニストとして、実力人気ともに第一級の演奏家だが、ハウシュカやプリペアドピアノは、いままで知らなかった。

プリペアドピアノは、検索するとウィキペディアに、《グランドピアノの弦に、ゴム、金属、木などを挟んだり乗せたりして(これを「プリペアする」「プリパレーションを施す」などという)音色を打楽器的な響きに変えたものをいう。》とある。実際にこのアルバムを聴くと、ノイジーな打楽器のような音がしている。そして、このアルバムの音楽は、全部インプロビゼーション(即興演奏)らしい。だから、前衛音楽に入ると思う。普通のクラシック音楽をイメージしてこのアルバムを買うとずっこけることになる。

1度や2度繰り返して聴いたくらいでは、この音楽を全て理解するのは難しいと思う。それでも、1度聴いたら2度と聴きたくないとか、とても難解な音楽というわけではない。ジャズピアノなら、全部インプロビゼーション(即興演奏)のものだと、キース・ジャレットのケルンコンサートなどがあるが、クラシックよりむしろこういう音楽に近いのかも知れない。

このアルバムにおさめられているものユーチューブにあったので貼り付けてみる。アルバムの2曲目に収められている。

全部の曲がこんな感じなわけではなく、静かに進行する曲もある。 こちらは6曲目におさめられている。

何回か聴くうちに、一部の現代のポピュラー音楽とあまり変わりないのではないかと思えるようになった。ポップスを中心に聴く人たちの方に受けるかもしれない。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« メンデルスゾーン 交響曲3番「スコットランド」 ドゥダメル/ウィーンフィル | トップページ | ベートーベン ピアノ協奏曲1番、2番/児玉麻里、ケント・ナガノ、ベルリンドイツ響 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンデルスゾーン 交響曲3番「スコットランド」 ドゥダメル/ウィーンフィル | トップページ | ベートーベン ピアノ協奏曲1番、2番/児玉麻里、ケント・ナガノ、ベルリンドイツ響 »