« チャイコフスキー、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ヴェンゲーロフ、アバド、ベルリンフィル(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | パガニーニ 24のカプリース /マイケル・レビン(2LP) »

2012年9月28日 (金)

ベートーベン ヴァイオリン協奏曲/コーガン、シルベストリ、パリ音楽院管弦楽団

Swscan00676
これは、レオニード・コーガンがステレオ初期の時代にEMIに録音したベートーベンの協奏曲の復刻LPで、今年発売されたもの。

録音されて50年以上が経過しているが、音質は良くマスターの劣化は目立たない。これのオリジナル盤は非常に高価であるので、リーズナブルな値段で買えるこの復刻盤は価値があると思う。CDで聴くのとは明らかに音質的なアドバンテージがある上、新品のLPレコードはサーフェスノイズが目立たないので、気持ち良く聴ける。

このレコードで聴けるコーガンのヴァイオリンは非常に冴えている。また、オーケストラが頑張っている。フランスのオーケストラらしくないくらいに。オーケストラの音色は少し濁り気味。でもそれが、コーガンの独奏をより際立たせているような気がする。

Swscan00678
1990年代半ば頃に発売されたTESTAMENTの復刻LPよりも高域がスッキリ伸びた感じがして、よりHi-Fiな感じな音になっている。アナログらしい中域の厚みは健在である。

TESTAMENT CLASSICSは、今年、マイケル・レビン、ミルシテイン、コーガン、オイストラフのEMI音源のヴァイオリンものばかりLPで復刻発売した。復刻LPのプレス枚数は1タイトルあたり数百枚。EMIへのマスターの使用許諾料もタイトル数をまとめて割安にし、プレスも、1枚あたりのプレス枚数は少ないが、タイトル数を多くすることで、コストを下げているのであろう。また、全て発売から50年以上が経過するもので、パブリックドメインとなり演奏家へ印税を払う必要がない。

パブリックドメインとなった音源は、CDでは1枚あたり¥100前後の格安で発売するレーベルもある。しかし、そのようなCDは音質はあまり良くないものが多いので、それなりに高価ではあるが高音質で180gの重量盤とし、レーベルもオリジナルを忠実に復刻しているこのシリーズはとても有り難い。なので、今年発売されたTESTAMENTの復刻LPは全て入手した。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« チャイコフスキー、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ヴェンゲーロフ、アバド、ベルリンフィル(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | パガニーニ 24のカプリース /マイケル・レビン(2LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャイコフスキー、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ヴェンゲーロフ、アバド、ベルリンフィル(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | パガニーニ 24のカプリース /マイケル・レビン(2LP) »