« 魔法の棒弓(マジック・ボウ)/レビン、スラトキン、ハイリウッド・ボウル響 | トップページ | パガニーニ ヴァイオリン協奏曲1番、ヴィエニアフスキ ヴァイオリン協奏曲2番/レビン、グーセンス、フィルハーモニア管(TESTAMENT 復刻重量盤LP) »

2012年9月 1日 (土)

モザイク/マイケル・レビン(ヴァイオリン小品集)TESTAMENT 復刻LP

Swscan00688
今年になって、TESTAMENT CLASSICSでは、マイケル・レビン(1936-1972)というアメリカのヴァイオリニストのEMI Capitol録音の復刻LPを多数発売した。これは、その中の1枚。

マイケル・レビンは、早熟の天才で、生きていれば間違いなくハイフェッツの後継者になっていた。残された正規のスタジオ録音は20歳過ぎ頃までのものだけであり、当時、EMIには、オイストラフ、コーガン、ミルシテインなどのロシアの大家が専属アーチストとして居たので、発売されたLPの数は少なく、この盤の状態の良いオリジナル盤は見つけるのが難しいので、このような復刻盤が発売されたのを喜びたい。

収録曲は以下の通り

ショパン/ウィルヘルミ編:ノクターン第8番
ヴィエニャフスキ/クライスラー編:エチュード=カプリース
モンポウ/シゲティ編:庭の乙女たち
スクリャービン/シゲティ編:エチュード
ドビュッシー/ロクェ編:レントより遅く
サラサーテ:ハバネラ
エルガー:気まぐれ女
エンゲル/ジンバリスト編:貝がら
サラサーテ:スペイン舞曲集第2番『サパテアード』
ラヴェル:ハバネラ形式の小品
プロコフィエフ/ハイフェッツ編:『3つのオレンジへの恋』~行進曲
スーク:ブルレスカ

ピアノ伴奏は、レオン・ポマースで、録音は1958年。

演奏は、気品に満ち自然な音楽。節回しがスムーズで、変な癖がない。この人の良さは自然なボウイングだというのが良くわかる。サラサーテのハバネラなんて全くもって素晴らしい。これからは、この人のをよく聴くようになると思う。

録音されて50年以上経って、このような復刻LPが発売されたが、マイケル・レビンが亡くなって40年経ってもこの稀代の天才ヴァイオリニストの音楽を良い音質で楽しめるのは非常に嬉しい。

Swscan00691

レコードのレーベルも当時のオリジナル盤と同じデザイン。180gのずっしりと重い盤から奏でられる音質は、復刻CDと比べるとかなり違う。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« 魔法の棒弓(マジック・ボウ)/レビン、スラトキン、ハイリウッド・ボウル響 | トップページ | パガニーニ ヴァイオリン協奏曲1番、ヴィエニアフスキ ヴァイオリン協奏曲2番/レビン、グーセンス、フィルハーモニア管(TESTAMENT 復刻重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魔法の棒弓(マジック・ボウ)/レビン、スラトキン、ハイリウッド・ボウル響 | トップページ | パガニーニ ヴァイオリン協奏曲1番、ヴィエニアフスキ ヴァイオリン協奏曲2番/レビン、グーセンス、フィルハーモニア管(TESTAMENT 復刻重量盤LP) »