« シューベルト アルペジョーネ・ソナタ他/ガスティネル | トップページ | マイケル・レビン EMI・Capitol 録音集(6CD) »

2012年10月30日 (火)

KISSES ON THE BOTTOM/PAUL McCARTNEY(180g Analogue LPs)

Swscan00742

このブログで紹介する音楽は、ほとんどがクラシックで、例外的にジャズやフラメンコ、ポップスなどが少々ある。これもその例外のポップス/ジャズの音楽である。

このアルバムは、今年発売されたもので、メロディー・メーカーのポール・マッカートニーには珍しく、収録された曲はほとんどが昔のスタンダードのカヴァーで、自作曲は2曲のみ。そもそも、このLPを買った理由はジャズばかり聴く知人に良いよと薦められたからだ。ポール・マッカートニーのアルバムを私が最後に買ったのは、BACK TO THE EGGという1980年ごろのものなので、実に30年ぶり。

Swscan00745

このアルバムは当然ながらCDでも発売されている。なぜLPの方を買ったのかというと、180gの重量盤のプレス、しかも2枚組で、¥2500程度と高くないからだ。収録曲は全部で14曲、トータルで50分弱なので、普通ならばLP1枚に収まるのに、片面12分程度に抑え、盤の外周部のみ溝が切ってある贅沢なものである。当然ながら、音質はかなり良い。

肝心な音楽はどうか?これがまた贅沢だ。オーケストラはロンドン・シンフォニーを使い、ダイアナ・クラールのピアノ、ベースは曲によって3人の異なるミュージシャンがつとめていて、ジョン・クレイトン、クリスチャン・マックブライドという私も知っている有名なジャズ畑の人が居る。限られた曲だけだが、ギターをエリック・クラプトンが弾いていたり、最後の1曲にはスティービー・ワンダーがハーモニカを吹いていたりする。

アレンジはジャズっぽい感じはあるが、ポップス的で重くなっていない。ポールのヴォーカルは力はないが優しい。口当たりが良く、聴きやすい音楽である。

かつてのロックのミュージシャンでこのようなジャズのアルバムを出した人というと、ロッド・スチュワートやボズ・スキャッグスが居るが、これらはみなポップス的な感じが残っており、このポールのアルバムも例外ではない。曲がジャズだからポップス/ロックだけ聴く人人や、本格的なジャズのみ聴く人には受けないだろうが、何でも屋に近い私にはとても良いアルバムに思える。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« シューベルト アルペジョーネ・ソナタ他/ガスティネル | トップページ | マイケル・レビン EMI・Capitol 録音集(6CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シューベルト アルペジョーネ・ソナタ他/ガスティネル | トップページ | マイケル・レビン EMI・Capitol 録音集(6CD) »