« FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO /スーパーギタートリオ(K2HD) | トップページ | シューベルト アルペジョーネ・ソナタ他/ガスティネル »

2012年10月23日 (火)

モーツァルト 交響曲25番、40番/ケルテス、ウィーンフィル

Swscan00726
これは、1972年の録音で1987年に発売された180g重量盤LPレコード。録音された1972年というと、ケルテスの死の前年である。1973年、ケルテスは、演奏旅行中のテルアビブの海岸で遊泳中、高波にさらわれて溺死した。実に惜しいことである。

ケルテス/ウィーンフィルのモーツァルトは、感情を表に出さず、禁欲的でしなやか、それでいて、モーツァルトの音楽の表情を淡々とかもし出す。それでいてエレガントである。25番と40番では、25番のほうによりマッチした資質の演奏スタイルだと思う。ウィーンフィルらしい響きを上手く活かした演奏で、しなやかで表情豊かな弦セクション、深くて渋みのある音色のホルンセクションが印象に残る。特に、LPレコードで聴くと、弦の美しさはたまらない。

ケルテスは、指揮者として老成する前に亡くなってしまった。しかし、DECCAに残された録音の多くは、いまだ輝きを失わない。特に、ウィーンフィルと入れたものの多くは、私の愛聴盤が多い。モーツアルト、シューベルト、ブラームス、ドヴォルザークなど。そういえば、宝物のシューベルトの交響曲全集のオリジナル盤を、紹介していなかった。これも素晴らしいので、近いうちに紹介しよう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO /スーパーギタートリオ(K2HD) | トップページ | シューベルト アルペジョーネ・ソナタ他/ガスティネル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしています。
久しく聴いていませんでしたが、今度の週末には針を落としてみましょう。
この2曲だけが短調で書かれていたんですね。

投稿: kitagawa | 2012年10月25日 (木) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO /スーパーギタートリオ(K2HD) | トップページ | シューベルト アルペジョーネ・ソナタ他/ガスティネル »