« KISSES ON THE BOTTOM/PAUL McCARTNEY(180g Analogue LPs) | トップページ | ラヴェル ピアノ作品集/サンソン・フランソワ(英初出3LP) »

2012年11月 6日 (火)

マイケル・レビン EMI・Capitol 録音集(6CD)

Swscan00739

これは、現行で発売されているマイケル・レビン EMI・Capitol 録音集。6枚組CDで、¥2000しない値段で買える。復刻LPだと国内で買うと1枚が¥4000近くする。それを思うと、この6枚組のボックスは非常にお買い得と言わざるを得ない。

LPレコードでも紹介したパガニーニ ヴァイオリン協奏曲1番(モノラル録音:指揮ボールト、ステレオ録音:指揮グーセンス)、パガニーニ カプリース全曲などのほか、EMI・CapitolからLPで発売された音源が、このボックスで聴ける。これを聴いて、今年TESTAMENTから発売された復刻重量盤LPを買う気になったのだ。

この人のパガニーニは、テクニックだけでない、聴かせる何かを持っている。5枚目、6枚目に入っている小品集でも、彼ならではのスムーズなボウイングで聴かせる。例えば、タイスの瞑想曲では、過剰ぎみのビブラートがスムーズなボウイングのためか耳につかず、ある種、浸透力をもって聴き手に迫ってくる。この曲をこんなふうに聴かせてくれるヴァイオリニストは、マイケル・レビンだけである。

マイケル・レビンは、1972年に不慮の事故で亡くなった。LPの時代には、なかなか評価されず再発盤が出なかったが、死後40年経ってから、彼の残した音楽がCDでもLPでも現行盤として買えて聴けるのは有り難い。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« KISSES ON THE BOTTOM/PAUL McCARTNEY(180g Analogue LPs) | トップページ | ラヴェル ピアノ作品集/サンソン・フランソワ(英初出3LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KISSES ON THE BOTTOM/PAUL McCARTNEY(180g Analogue LPs) | トップページ | ラヴェル ピアノ作品集/サンソン・フランソワ(英初出3LP) »