« ホルスト 惑星 /ボールト ニュー・フィルハーモニア管(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | マーラー 交響曲1番「巨人」 /ワルター、コロンビア交響楽団(Blu-Spec CD2) »

2012年12月28日 (金)

モーツァルト レクイエム、アヴェ・ヴェルム・コルプス/ムーティ、ベルリンフィル(Esoteric SACD/CD)

Swscan00828
これは、今月初めに発売された、Esoteric SACD/CDハイブリッド盤。SACDプレーヤーを持っていないので、CD層を聴いた感想である。

この演奏は、1987年のデジタル初期の録音。クラシックはCD化が早くこの初出盤もCDで出たと思うが、当時のCDは現在のものにくらべ音が良くないものが多かった。個人的には1980年代は、1970年代のアナログ末期の録音よりも劣るものも多く、音質的には進歩していたとは言いがたい。そんな時代にも名演奏は生まれるが、この盤もそんな1枚だと思う。

この演奏は、無駄な力みがなく一点の曇りも無い純粋な透明感のあるような集中力を保ったもので、とても素晴らしい。合唱の声のハーモニーが際立っている。レクイエムも素晴らしいが、個人的にはアヴェ・ヴェルム・コルプスは特に秀逸のように思える。ベルリンフィルのアンサンブルが優秀なのはもちろんだが、スウェーデン放送合唱団、ストックホルム室内合奏団がとても上手い。

音質的には、現在の最新録音のものには劣る。しかし、初期のCDにありがちだったデジタル的な高域の荒さはなく、高域が落ち着いて刺激的な感じが無く聴きやすい。リマスターは成功している。一部の方々の意見に、デジタル録音のものをリマスターしなおしてSACD/CDハイブリッド盤にしてもあまり意味はないというのがあるが、それは間違いだと思う。デジタルならば、マスターの音質がそのままCDになっているかと言えば、そうではなく、劣化してにぎやかな音質になってしまっているものが多いのだ。それが、この盤では大きく改善されている。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ホルスト 惑星 /ボールト ニュー・フィルハーモニア管(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | マーラー 交響曲1番「巨人」 /ワルター、コロンビア交響楽団(Blu-Spec CD2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホルスト 惑星 /ボールト ニュー・フィルハーモニア管(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | マーラー 交響曲1番「巨人」 /ワルター、コロンビア交響楽団(Blu-Spec CD2) »