« ブラームス ヴァイオリンソナタ全集/シェリング、ルービンシュタイン(Blu-spec CD2) | トップページ | バッハ シャコンヌ他 / ヒラリー・ハーン(Blu-spec CD2) »

2013年2月28日 (木)

ヴェルディ ルイーザ・ミラー/モッフォ、ベルゴンツィ、クレヴァ、RCAイタリアオペラ管他

Moffo

これは、1960年代後半に録音され発売された3枚組LPレコードセットで、20年以上前に中古レコード屋さんで見つけ、ボックスのアンナ・モッフォの顔写真が美しいので買ってきた(いわゆるジャケ買いというやつ)もの。

Swscan00927

犬の後ろに黒っぽい楕円状のボカシのないレーベルで、これがこのセットの米国初出のもの。

先月(2013年1月)に、ヴェルディ全集という75枚組の格安CDボックスが出て、暇をみつけては順番に聴いている。その中にも、ルイーザ・ミラーは入っていて、DECCAが1970年代半ばに録音したペーター・マーク盤であった。これは、単独のセットも持っていて、見事にダブリである。

Luiza

マーク盤を聴いたあと、このクレヴァ盤のLPを聴いてみたのだ。

アンナ・モッフォのルイーザは、やや声が暗い。1960年代前半の頃のリリックな美声が劣化しつつあるのが、LPレコードからもわかる。しかし、この悲劇のヒロインという意味でわずかに暗さを感じる声は全くマイナスになっていない。

極めつけは、カルロ・ベルゴンツィのロドルフォ。マーク盤でのパヴァロッティを聴いた後でも、美しさで全く聴き劣りしないどころか、むしろ、パヴァロッティが真正のテノールバカに感じてしまう。クレヴァの指揮は堅実で職人肌のオペラ指揮者という感じ。音質は、かなり良く、1960年代後半の水準をかなり上回る。RCAも気合を入れて録音したのだろう。

ルイーザ・ミラーは、1998年2月になって、やっと名古屋で日本初演があった。そのときの11日(祝)の公演を私は見ている。指揮:若杉弘、ルイーザ:林康子、ロドルフォ:市原多朗、ミラー:直野資、演出:栗山昌良という豪華な布陣であった。なかなか良い公演だったので今でも覚えている。そもそも、この公演を見たくなった理由が、このクレヴァ盤の「ルイーザ・ミラー」を聴き、日本では全く上演されなかったのにヴェルディ中期の「リゴレット」「トロヴァトーレ」と同じように魅力的な歌が次から次に出てくるヴェルディらしい演目だというのを知ってしまったから。

ジャケ買いのLPが、実演を見たいと思わせて実際に見てしまった。私にとって、クレヴァ盤の「ルイーザ・ミラー」はそういう魅力があったのだと、改めて感じた。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ブラームス ヴァイオリンソナタ全集/シェリング、ルービンシュタイン(Blu-spec CD2) | トップページ | バッハ シャコンヌ他 / ヒラリー・ハーン(Blu-spec CD2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス ヴァイオリンソナタ全集/シェリング、ルービンシュタイン(Blu-spec CD2) | トップページ | バッハ シャコンヌ他 / ヒラリー・ハーン(Blu-spec CD2) »