« ファリャ はかなき人生 /ロペス=コボス、シンシナティ交響楽団他 | トップページ | ブルックナー 交響曲7番 / カラヤン、ウィーンフィル(180g Vinyl LP) »

2013年4月23日 (火)

フラメンコ / ルセロ・テナ(ルセロテナ)

Swscan00989

これは、1967年と1982年に録音された、2枚のLPレコードを1枚におさめたCDである。1967年録音のものは「情熱のカスタネット」、1982年のものは「ルセロ・テナとガルシア・ロルカの世界」というタイトルが付いていた。それにしても、30歳ごろの彼女、綺麗ですね。

Swscan00990

カスタネットの女王と呼ばれているルセロ・テナ(ルセロテナ)は、クラシック音楽も素晴らしいが、もともとはフラメンコ・バイレ(ダンサー)である。メキシコ生まれでスペインに戻り、少女時代にロシア舞踊、スペイン舞踊を習い、あの伝説のフラメンコ・バイレであったカルメン・アマヤの舞踊団に3年半在籍した。つまり、ルセロ・テナ(ルセロテナ)は、カルメン・アマヤの弟子でもある。だからフラメンコの踊りも素晴らしい。

このCDの4曲目に「つま先とかかと」というサバテアードが入っているが、ルセロ・テナ(ルセロテナ)はカスタネットを使わず、足音とビートス(指鳴らし)の素晴らしいリズムで音楽を盛り上げる。聴き手は、これ1曲だけでノックアウトされてしまう。現在の彼女はカスタネットばかりが注目されるが、あのカスタネットのリズム感は間違いなく踊りで培われたものだと思う。

001
CDと元のLPレコードを一緒に写真に撮ってみた。このCDは現在廃盤で非常に入手が難しい。1992年にスペインで再発売されたもので、友人に聴かせたら、俺も欲しいという。しかし、5年間探しているが中古屋さんでもまず見かけないので、友人はまだこのCDを入手していない。

これも来日記念で作ってみたコンテンツだが、興味があるのであれば、こちらをご覧ください。ユーチューブの動画を多数リンクし、手持ちの昔の彼女のレコードのジャケットを掲載しています。

ルセロ・テナ LUCERO・TENAhttp://www.geocities.jp/asd2251sxl2001sax2251/lucerotena.htm

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ファリャ はかなき人生 /ロペス=コボス、シンシナティ交響楽団他 | トップページ | ブルックナー 交響曲7番 / カラヤン、ウィーンフィル(180g Vinyl LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファリャ はかなき人生 /ロペス=コボス、シンシナティ交響楽団他 | トップページ | ブルックナー 交響曲7番 / カラヤン、ウィーンフィル(180g Vinyl LP) »