« ミシェル・オークレールの芸術(3CD) | トップページ | スペイン管弦楽名曲集/アントニ・ロス・マルバ スペイン放送O.、ルセロ・テナ »

2013年4月12日 (金)

ドヴォルザーク 交響曲7番 /ジュリーニ、ロンドン交響楽団(Testament Classics Vinil LP)

Swscan00971

これは、1976年に録音され翌年発売されたLPレコードの復刻盤。イタリア人であるジュリーニは、ドヴォルザークの交響曲も得意にしていた。この盤は、隠れた名盤だと思っていたが、シングルレイヤーのSACD盤も発売されたので、隠れたは取り外しても良いかも知れない。

ドヴォルザークの民族的なカラーを前面に出さず、ひたひたと迫り来るような名演奏である。全体的にテンポは遅く、早いリズミックな演奏に慣れていると少しとっつきにくいかもしれない。しかし、隅々まで気を配られ、遅いのに集中力を持続しているので、あっという間に1曲が終わる。聴き手は遅くて長いという感じを受けないのである。

Swscan00976

1995年ごろ発売された初期のTestament ClassicsのLPレコードは、HMVの犬のマークやCOLUMBIAの音符マークが無かった。しかし、この盤はジャケットにもLP盤のレーベルにも、犬のマークはあって、オリジナル盤と全く同一のデザインである。180gの重量盤であることだけが違う。

1枚あたり¥3980のシングルレイヤーSACDよりも有り難味がある復刻盤であると思う。

音質は良い。初期のTestament ClassicsのLPレコードより、高域がスッキリ伸びてぼやけた感じがない。おそらくプレス工場も変更されていると思われる。21世紀に製造されたLPレコードは良い物とそうでないものがはっきりしているが、これは前者だ。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ミシェル・オークレールの芸術(3CD) | トップページ | スペイン管弦楽名曲集/アントニ・ロス・マルバ スペイン放送O.、ルセロ・テナ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミシェル・オークレールの芸術(3CD) | トップページ | スペイン管弦楽名曲集/アントニ・ロス・マルバ スペイン放送O.、ルセロ・テナ »