« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

チャイコフスキー 交響曲第6番 「悲愴」/フリッチャイ、ベルリン放送交響楽団(180g重量盤LP)

01

02

これは、ヨーロッパの高音質復刻LP専門レーベルのSPEAKERS CORNER RECORDSから発売されている180g重量盤LPである。このLPレコードは、他の復刻盤とはちょっと違う。というのは、この音源は、1959年のスタジオ録音であるが、指揮者のフェレンツ・フリッチャイが、第一楽章の一部を録音し直したいという理由で、発売にストップがかけられていたもの。フリッチャイは、この録音の前年に大病を患い復帰したのであるが、再び体調を崩し1963年に若干48歳で亡くなる。そのため、第一楽章も録音し直されること無く、お蔵入りしていたが、1996年になって日本で初出盤としてCDが発売された。

このLPレコードは、初出盤CDよりも音質が良いからLPを聴ける環境にあるならLPを買えと、訳知りの方に教えてもらって手に入れたものだ。実際、このLPレコードは録音が50年以上経ているとは信じられないくらい良い音質だ。

演奏は遅めのテンポで長大な感じで「悲愴」の表題らしいロマンティックな音楽表現で聴ける。1938年録音のフルトヴェングラーの「悲愴」似ている。それでいて音質は抜群に良い。第一、第二楽章も良いが、第三楽章はドラマチックで凄まじい。第四楽章は奈落の底に落ちていくような絶望感を味わうようで、聴いている方が悲愴感に襲われる。これを聴くと、カラヤンの「悲愴」は偽物に聴こえる。LPであれCDであれ、是非、この音源は聴いてみて欲しい。ムラヴィンスキー、レニングラードフィルとは、音楽の造り方が全く違っていて、「悲愴」の表題らしいということであれば、フリッチャイ盤の方が上回る。

フリッチャイの名盤というと、ドヴォルザークの「新世界」、モーツァルト グレート・ミサ曲、オペラ「フィガロの結婚」全曲などがある。今年が没後50年ということで、復刻されたCDも多い。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月27日 (火)

フルニエ 白鳥~チェロ小品集

Swscan01151

これは、タワーレコード企画の、「コンサートホール原盤」復刻シリーズ第一期の中の1枚。先月発売されたばかりなので、入手は容易である。

コンサートホール・ソサエティのLPレコードは、何となく音がぼやけていて、オーディオ的には評価できないものが多かった。この音源のLPレコードも一時期所有していたことがあったが、音質が気に入らなかったので、今は無い。しかし、フルニエ、シューリヒトなど現在でも一流の演奏家として人気が高い人の録音もあるし、私自身フルニエのファンであるので、今回発売のこの復刻盤に飛びついてみた。

このCDは、DENONが所有しているアナログマスターテープから2013年にデジタルリマスタリングされたもので、マスタリングは最新である。聴いた感じは、かなり良い音で復刻されており、これならばLPに未練は全く無い。1964年の録音と古いので若干甘さはあるものの楽器の音色や質感はかなり保たれており、初めてこのアルバムの良さを堪能出来た気がする。

収録曲

1. J.S.バッハ: G線上のアリア(管弦楽組曲 第3番 BWV 1068より)
2. ボッケリーニ: メヌエット(弦楽五重奏曲 作品13の5より)
3. ヘンデル: ラルゴ(オペラ《クセルクセス》より)
4. メンデルスゾーン: 無言歌 作品109
5. ハイドン: メヌエット ― 第11番
6. J.S.バッハ/グノー: アヴェ・マリア
7. チャイコフスキー: 無言歌 作品2の3
8. サン=サーンス: 白鳥(《動物の謝肉祭》より)
9. リムスキー=コルサコフ: インドの歌(オペラ《サトコ》より)
10. ショパン: ノクターン 作品9の2
11. チャイコフスキー: 感傷的なワルツ 作品51の6

ピエール・フルニエ(チェロ)
パリ・コンサート管弦楽団
ジャン=マリー・オーベルソン(指揮)

気品のあるチェロが誰でも知っているメロディを奏でる。音楽ファンに広くお勧めしたいCDだ。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月23日 (金)

モーツァルト オペラアリア集 / ルチア・ポップ スラットキン、ミュンヘン放送交響楽団

01

03

これは、ルチア・ポップがモーツァルトのオペラアリアを歌ったデジタル初期の録音のもので、1983年発売の英国LPジャケット(上)と西ドイツLPジャケット(下)。

02

04

収録曲

SIDE 1
1. 歌劇「羊飼いの王様」K.208~アミンタのアリア「彼女を愛そう、生涯変わらずに」   
2. 歌劇「フィガロの結婚」K.492~ケルビーノのカンツォーナ「恋とはどんなものかしら」   
3. 歌劇「フィガロの結婚」K.492~スザンナのレチタティーヴォとアリア「とうとう嬉しい時が来た」 
4. 歌劇「フィガロの結婚」K.492~伯爵夫人のカヴァティーナ「愛の神よ、照覧あれ」   
5. 歌劇「後宮よりの逃走」K.384~コンスタンツェのアリア「深い悲しみに」    

SIDE 2
1. 歌劇「イドメネオ」K.366~イリアのアリア「そよ吹く風」   
2. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527~ドンナ・エルヴィーラのレチタティーヴォとアリア「何というふしだらな~あの恩知らずは約束を破って」   
3. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527~ドンナ・アンナのレチタティーヴォとアリア「いいえ違います~わたしはあなたのもの」 
4. 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K.588~フィオルディリージのアリア「岩のように動かずに」   
5. 歌劇「皇帝ティトゥスの慈悲」K.621~ヴィテリアのロンド「もはや花も」 

DMMのロゴの位置が違い、ジャケ裏は、英国盤(ASD1467871)は黄色だがドイツ盤(1C0471467871)は白。しかし、ジャケットは違っていても、中身のLPレコードはどちらも西ドイツプレスで、全く同じだ。

05
このLPレコードのジャケットは、数あるルチア・ポップのLPレコードやCDの中でも、ポートレート写真が美しいものだ。手持ちの2008年に出た輸入盤のARTリマスターCDも同じ写真を使っているが、小さいCDをさらに小さくしてしまったようなデザインであり、LPを見るとパッケージとしてはお粗末な感じがする。

Swscan01143

デジタル録音だということでLPとCDはかなり近い音質だが、声の色気はLPの方が出しやすい。ジャケットが大きくて綺麗だということもあって、LPを処分する気にならないのである。もう一つ理由があった。このCDは、LPの一番最後の皇帝ティトゥスの慈悲からのアリアが抜けている。その代わりに1960年代終りごろの録音の宗教曲が入っているのだが。

皇帝ティトゥスの慈悲からのアリアはEMI ICONシリーズの7枚組のボックスの中に収録されているので、問題はないのだけれど。

ルチアポップは、コロラチューラソプラノとしてデビューし、クレンペラー盤の「魔笛」の夜の女王が鮮烈な印象があるが、年をとるにつれ、リリコ・スピントな声に変わり、「魔笛」ならパミーナとかが適合する声に変わってきた。このレコードでは、「フィガロの結婚」のケルビーノ、スザンナ、伯爵夫人、いずれも素晴らしい歌声で聴かせてくれている。

今年11月の命日が来れば、亡くなって丁度20年になる。しかし、忘れがたい歌手であることは間違いない。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

ハイドン 交響曲 82番「熊」 83番「雌鳥」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団

Swscan01130

Swscan01131

これは、ネヴィル・マリナー指揮、アカデミー室内管弦楽団の1977年録音1978年発売のLPレコードで、ハイドンの名前の付いた交響曲のほとんどを、マリナーはアカデミー室内管弦楽団とこの頃に録音しているが、これはその中の1枚である。

このシリーズの単売されたLPレコードのジャケットは、同じ画家によって描かれていて、集めるとそのユーモラスな絵を見るだけで楽しい。

交響曲82番「熊」は第四楽章の低弦のうなりが熊の様なので「熊」という名が付いた。83番「雌鳥」は、第一楽章に鶏の鳴き声みたいな部分があるので、19世紀後半になって「雌鳥」という名が付けられた。この2つの作品は、1785~6年ごろに作曲された6曲の「パリ交響曲集」のうちの2曲。83番の方は1785年に作曲され82番は翌年作曲された。さらに後の「ザロモンセット」の交響曲たちほど現在は人気がないけれど、聴いてみれば円熟期に入ったハイドンの世界が楽しめる。

このLPレコードの演奏は、アンサンブルが絶妙で、切れ込み良くしかもしなやかに美しく演奏していて、全く緩みが無い。CDでは、ハイドン交響曲集としてまとめてセットになって発売になったが現在では入手できないようであるが、これらハイドンの交響曲集はどれも名演揃いである上に録音も良い。

ネヴィル・マリナーは、来年誕生日が来れば90歳になる。まだ矍鑠として元気に指揮活動を続けていて来年も来日の予定がある。レパートリーが広く、発売されたCDやLPのタイトル数は膨大で、カラヤンよりも多い。もともとはオーケストラでヴァイオリンを弾いていたのだが、仲間を集めて創設されたアカデミー室内管弦楽団の成功によって指揮者としての地位を確立した立志伝中の人。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月16日 (金)

レイト・ナイト・ギター / アール・クルー

Swscan01129
これは、1980年に発売されたアール・クルーのLPレコードで、真夜中に小さな音で聴いていたい音楽だ。アール・クルーがアコースティク・ギターを弾き、バックもストリングスをはじめ、アコースティック楽器で弾かれるジャズ・イージーリスニング的なものである。

これから、秋になり夜が長くなると聴きたくなる音楽で、やっぱりLPで聴く。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月13日 (火)

ゴーイン ホーム /アート ペッパー、ジョージ ケイブルス

Swscan01128

これは、1982年4月と5月に、アート・ペッパーがピアニストのジョージ・ケイブルスと録音したもので、アート・ペッパー最後の録音。アート・ペッパーは翌月、脳出血のために亡くなる。

実は、このLPレコードが、初めて買ったJAZZのレコードである。JAZZの好きな友人が、このレコードをカセットに入れて当時流行っていたウォークマンで聴いていた。ゴーイン ホームは、ドヴォルザークの新世界交響曲の第二楽章からの「家路」のメロディーだから良く知っていたし、JAZZだからといって難解な音楽ではなかった。アート・ペッパーはアルトサックス奏者だが、ゴーイン ホームではクラリネットを吹き、それが非常にさびしく悲しく響く。ゴーイン ホームは黒人霊歌で、神の御許の家に帰ることを意味する。アート・ペッパーは、この曲を吹いて神の御許に帰ったのだ。

今日は8月13日。我が家には朝から坊さんがお経をあげに来た。何故かこのLPレコードを聴きたくなって引っ張り出してきた。

アート ペッパーのLPを全部持っているわけではないが、JAZZ万年初心者にしては、アート ペッパーの所有LPレコードは多い。時々、ふとした事がきっかけで聴きたくなる。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

マーラー 交響曲 2番 「復活」 /バーンスタイン、ニューヨークフィル(180gアナログLP)

Swscan01125
これは、数ヶ月前に発売された180g重量盤限定LPのセット。レナード・バーンスタインが1987年にニューヨーク・フィルを振ったライヴ録音で、独唱者は、バーバラ・ヘンドリックス、クリスタ・ルートヴィッヒ、合唱はウエストミンスター合唱団のもの。バーンスタインの晩年の名演奏である。情熱的で、ねちっこく濃い白熱したもの。この演奏が気に入ってしまうと、他の「復活」はいまいちと感じるようになるかも知れない。ただ、バーンスタインの晩年のライヴ録音は、普通にCDで聴くと音質的にいまいちな感じがあった。

マーラーのような大編成でダイナミックレンジの広い音楽をアナログでちゃんと鳴らすのはかなり大変だ。しかし、このLPレコードをしっかり鳴らしたときには、同じ音源のCDを寄せ付けないくらいの音質になる。

Swscan01124
昨年12月から今までに1980年代以降1990年代前半までに録音されたユニヴァーサル音源のLPが、10タイトルばかり発売になった。7タイトル買ってみたが、どれも通常CDで聴くよりは音質的に優位な感じである。ただし、プレスが完璧ではなく細かいノイズが入るものもある。S/Nに関しては1980年代の日本プレスの180g盤に及ばない。そのあたりはプレス工場のプレスの問題だと思うので、さらに高音質にしつつS/Nを良くする努力をして欲しい。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

シベリウス 交響曲全集 /オラモ、バーミンガム市交響楽団

Swscan01122

これは、サカリ・オラモ/バーミンガム市交響楽団の2000~2003年の録音のシベリウスの全集。

Swscan01123

通常のボックス全集と違って、プラケース入りの単売していたCDを組にしたものだと思う。このように、1枚ごとにジャケットが付いている。この4枚組のセットがわずか¥990だったのだ。

CD1
交響曲第1番
交響曲第3番
交響詩『フィンランディア』
 2002年録音

CD2
交響曲第2番ニ長調
交響曲第4番イ短調
 2000年録音

CD3
交響曲第5番変ホ長調
カレリア組曲
交響的幻想曲『ポヒョラの娘』
交響詩『吟遊詩人』
 2001年録音

CD-4
交響曲第6番ニ短調
交響曲第7番ハ長調
交響詩『タピオラ
 2003年録音

演奏はクールでさわやか、ダイナミックな部分はきちんと爆発させるが粘り気はない。若々しく北欧の作曲家の曲らしい好感の持てる演奏である。交響曲の他に数曲の管弦楽曲も入っているが、これも解釈は一貫している。オラモは、シベリウスと同じフィンランドの指揮者。お国の大作曲家の曲を上手く振っている。録音が比較的新しいこともあって、音質もかなり良く、ダイナミックレンジが広く見通しの良いもので、満足できるCDである。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2013年8月 2日 (金)

ヴェルディ 椿姫 /チェッカート、ロイヤルフィル、シルズ、ゲッダ、パネライ他(3LP)

Swscan01120

これは、ビヴァリー・シルズがヴィオレッタを歌った椿姫全曲の3枚組のLPレコード。英EMIの初版盤である。録音は1971年で初出が1972年。

Swscan01121
ビヴァリー・シルズという名前はオペラ好きなら知っていると思うし、アメリカでは最も有名なオペラ歌手だった。ニューヨーク生まれで、教育もアメリカで受けアメリカの歌劇場で有名になった人だ。若い頃はベルカントオペラを中心としたレパートリーだったが、年をとってからは椿姫のヴィオレッタなども歌う歌手になっていた。

オペラを80作品ぐらい録音した人だが、アメリカ以外のメジャーレーベルへの登場は遅すぎた感じがある。EMIがビヴァリー・シルズの録音に乗り出すのがあと5年早かったら、ベルカントオペラをEMIの良いキャストで良い録音が沢山残っただろうなと思う。

この椿姫、現在、全曲盤は廃盤でハイライト盤しか無いようだ。椿姫は有名なオペラだから他に沢山録音があるけれど、このまま忘れ去られるのは惜しい録音である。

椿姫というオペラで一番大事な要素は何か?と聞かれたなら、主役のヴィオレッタの歌が良いかどうかという所に尽きる。その点では、この盤は合格どころか、持っている椿姫全曲盤の中でかなり上位に来る。この盤は、ビヴァリー・シルズのヴィオレッタやニコライ・ゲッダのアルフレード、ローランド・パネライのジェルモン、いずれも水準が高い。最も、パネライ以外はイタリア的な感じが稀白で国籍不明な感じはあるが。シルズの歌う1幕での「ああそはかの人か~花から花へ 」は、コロラチューラソプラノらしい装飾をきかせた歌い方で、とても好感が持て、聴き出すと3幕のお終いまで一気に行ってしまう。クライバーの椿姫はクライバーの音楽造りが魅力だが、この録音は“チェッカート”の椿姫ではなく間違いなく“シルズ”の椿姫だ。

アルド・チェッカートの指揮は、歌手が歌いやすいテンポ設定で、あまりにも細かすぎない往年のイタリアオペラの指揮者に通じるところがあって好ましい。イギリスのオーケストラだがイタリアオペラらしい感じが出ている。この人、奥さんはマリア・カラスのトスカを指揮したビクトル・デ・サバタというイタリアの名指揮者の娘さんで、セルジュ・チェリビダッケがお師匠さんらしい。

現在は廃盤だが、この録音はCDでも持っている。

Swscan01118

これは15年ほど前に手に入れたもので、英語の本に2枚の全曲盤のCDが付属しているようなもので、確か千円くらいだった。この付属CDよりはオリジナル盤で聴く方が音質は数段良い。オリジナル盤を聴く限り、最新のオペラ録音を聴いた後でも音質が劣っているという感じは微塵も無い。

ビヴァリー・シルズは、引退後ニューヨーク・シティ歌劇場のゼネラル・マネージャー、リンカーン・センターの会長を務めた。自分の子供が障がい者だったこともあって、慈善活動にも熱心だった。

また、このような様々な名言を残している。

You may be disappointed if you fail, but you are doomed if you don't try.
もし失敗したならがっかりするだろう。しかし、挑戦しないのは全く望み無しだ。

There are no shortcuts to any place worth going.
価値のある事を成すのに近道など無い。

In youth we run into difficulties. In old age difficulties run into us.
若いときには困難だらけの中を走っているが、年をとると困難の方からやって来る。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »