« ハイドン 交響曲 82番「熊」 83番「雌鳥」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団 | トップページ | フルニエ 白鳥~チェロ小品集 »

2013年8月23日 (金)

モーツァルト オペラアリア集 / ルチア・ポップ スラットキン、ミュンヘン放送交響楽団

01

03

これは、ルチア・ポップがモーツァルトのオペラアリアを歌ったデジタル初期の録音のもので、1983年発売の英国LPジャケット(上)と西ドイツLPジャケット(下)。

02

04

収録曲

SIDE 1
1. 歌劇「羊飼いの王様」K.208~アミンタのアリア「彼女を愛そう、生涯変わらずに」   
2. 歌劇「フィガロの結婚」K.492~ケルビーノのカンツォーナ「恋とはどんなものかしら」   
3. 歌劇「フィガロの結婚」K.492~スザンナのレチタティーヴォとアリア「とうとう嬉しい時が来た」 
4. 歌劇「フィガロの結婚」K.492~伯爵夫人のカヴァティーナ「愛の神よ、照覧あれ」   
5. 歌劇「後宮よりの逃走」K.384~コンスタンツェのアリア「深い悲しみに」    

SIDE 2
1. 歌劇「イドメネオ」K.366~イリアのアリア「そよ吹く風」   
2. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527~ドンナ・エルヴィーラのレチタティーヴォとアリア「何というふしだらな~あの恩知らずは約束を破って」   
3. 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527~ドンナ・アンナのレチタティーヴォとアリア「いいえ違います~わたしはあなたのもの」 
4. 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」K.588~フィオルディリージのアリア「岩のように動かずに」   
5. 歌劇「皇帝ティトゥスの慈悲」K.621~ヴィテリアのロンド「もはや花も」 

DMMのロゴの位置が違い、ジャケ裏は、英国盤(ASD1467871)は黄色だがドイツ盤(1C0471467871)は白。しかし、ジャケットは違っていても、中身のLPレコードはどちらも西ドイツプレスで、全く同じだ。

05
このLPレコードのジャケットは、数あるルチア・ポップのLPレコードやCDの中でも、ポートレート写真が美しいものだ。手持ちの2008年に出た輸入盤のARTリマスターCDも同じ写真を使っているが、小さいCDをさらに小さくしてしまったようなデザインであり、LPを見るとパッケージとしてはお粗末な感じがする。

Swscan01143

デジタル録音だということでLPとCDはかなり近い音質だが、声の色気はLPの方が出しやすい。ジャケットが大きくて綺麗だということもあって、LPを処分する気にならないのである。もう一つ理由があった。このCDは、LPの一番最後の皇帝ティトゥスの慈悲からのアリアが抜けている。その代わりに1960年代終りごろの録音の宗教曲が入っているのだが。

皇帝ティトゥスの慈悲からのアリアはEMI ICONシリーズの7枚組のボックスの中に収録されているので、問題はないのだけれど。

ルチアポップは、コロラチューラソプラノとしてデビューし、クレンペラー盤の「魔笛」の夜の女王が鮮烈な印象があるが、年をとるにつれ、リリコ・スピントな声に変わり、「魔笛」ならパミーナとかが適合する声に変わってきた。このレコードでは、「フィガロの結婚」のケルビーノ、スザンナ、伯爵夫人、いずれも素晴らしい歌声で聴かせてくれている。

今年11月の命日が来れば、亡くなって丁度20年になる。しかし、忘れがたい歌手であることは間違いない。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ハイドン 交響曲 82番「熊」 83番「雌鳥」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団 | トップページ | フルニエ 白鳥~チェロ小品集 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイドン 交響曲 82番「熊」 83番「雌鳥」/マリナー、アカデミー室内管弦楽団 | トップページ | フルニエ 白鳥~チェロ小品集 »