« ヴァレンティーナ・リシッツァ・プレイズ・リスト(180g重量盤LP) | トップページ | モーツァルト オーボエ四重奏曲他/ホリガー、オルランドSQ他 »

2013年10月 8日 (火)

モーツァルト オーボエ四重奏曲 他 /ホリガー(180g重量盤LP)

Swscan01219

これは、SPEAKERS CORNER RECORDSが発売している180g重量盤LP。

Swscan01220

モーツァルト>

「フルート四重奏曲K.370」

「グラスハーモニカ、フルート、オーボエ、ヴィオラとチェロのためのアダージョとロンドK.617」

「オーボエ五重奏曲K.406」

が収録されている1970年代後半のアナログ録音時の復刻盤である。オーボエ五重奏曲K.406は、原曲は弦楽五重奏曲2番の編曲版。

演奏は、オーボエのハインツ・ホリガーを中心に、フルートのオーレル・ニコレ、グラス・ハープのブルーノ・ホフマンらが美しく演奏し、モーツァルトの室内楽曲の魅力を充分に味合わせてくれる。1970年代後半のフィリップス録音のアナログLPは音質の良いものが多いが、この復刻盤は、当時の盤よりも鮮明で各楽器が極めて美しく奏でられ、とても良い音質である。フィリップスのこの時代の録音の復刻CDは、若干ベールがかかった音がするものがあり、オランダプレスのLPレコードの方が良い音で聴けるものが多い。この復刻盤はさらに鮮度が上がって重量盤らしいしっかりした音質になっている。

1990年代のSPEAKERS CORNER RECORDSのLPは、音質的に満足できないものもあったが、最近のものは、かなり音質が良くなって不満はない。ただし、プレスの管理が不充分なためか、ノイズが多い盤に当たることがあるが、それは輸入元も心得ているようで、ノイズがある盤は交換してもらえる。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ヴァレンティーナ・リシッツァ・プレイズ・リスト(180g重量盤LP) | トップページ | モーツァルト オーボエ四重奏曲他/ホリガー、オルランドSQ他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴァレンティーナ・リシッツァ・プレイズ・リスト(180g重量盤LP) | トップページ | モーツァルト オーボエ四重奏曲他/ホリガー、オルランドSQ他 »