« ミルシテイン・ヴァイオリン・リサイタル(180g重量盤LP) | トップページ | バラード / ジョン・コルトレーン »

2013年10月29日 (火)

アリオーソ /オーフラ・ハーノイ(LP)

Swscan00785

これは、1981年録音、1984年に発売された国内盤のLPレコードで、女流チェリスト、オーフラ・ハーノイのデビューアルバム。当時は、妖精のような美貌もあって、ジャクリーヌ・デュ=プレの再来ではないかとさわがれた。彼女は1965年生まれであるので、16歳頃の録音である。また、伴奏のオルガン奏者も、この当時若干20歳のマイケル・ブロスという人が担当した。私にとっては懐かしいアルバムである。

このアルバムは、今はCDで売られておらず、アリオーソなど一部の演奏だけがオムニバス盤に残ってるだけ。久しぶりにLP全部を通して聴いてみた。そして自前でCD-Rを製作した。収録曲は以下のとおり。

Swscan00786

このアルバムは、アナログ末期の録音だということもあって、なかなか音質が良い。原曲はヴァイオリンのものだったり宗教曲だったりするものが多いが、しんみりと聴かせてくれる。音楽に温かみがあり、チェロの特徴を活かした選曲と、演奏者の若さが音楽を魅力的にさせているように感じた。充分に大人になった現在の彼女ならこんなふうには演奏できないであろう。

オーフラ・ハーノイは、アイドルだった。現在の宮本笑里みたいな感じで。アイドルだったから、逆に苦労した面もあろうし、騒がれなかったほうが演奏家としては大成したのかもしれない。何年か前に、最近になってやっと(アイドルではなく)シリアスなチェロ奏者としてみてもらえるようになった、と語っていたように。

ユーチューブに、彼女が演奏する「鳥の歌」があったので貼り付けてみる。尚、こちらはピアノ伴奏で本LPレコードの音源とは異なる。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ミルシテイン・ヴァイオリン・リサイタル(180g重量盤LP) | トップページ | バラード / ジョン・コルトレーン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミルシテイン・ヴァイオリン・リサイタル(180g重量盤LP) | トップページ | バラード / ジョン・コルトレーン »