« オペラ イタリアーナ 40CD | トップページ | ショパン、リスト、ドビュッシー ピアノ作品集/金子三勇士(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »

2013年11月 8日 (金)

ブルッフ スコットランド幻想曲 ヒンデミット ヴァイオリン協奏曲 /オイストラフ

Swscan01299

ブルッフ スコットランド幻想曲と、 ヒンデミット ヴァイオリン協奏曲がカップリングされた、SPEAKERS CORNER RECORDSから復刻された180g重量盤LPを買ってみた。このオリジナルのLPレコードは1962年初出で、すでに50年を経過しているが、復刻状態はとても良い。

共にオーケストラはロンドン交響楽団であるが、指揮者はブルッフ スコットランド幻想曲はヤッシャ・ホーレンシュタイン、ヒンデミット ヴァイオリン協奏曲の方は作曲者であるパウル・ヒンデミットが務めている。ヒンデミットは1963年暮れに亡くなっているので、この録音は作曲家が指揮をした演奏だということで、とても貴重だ。ということで、私的にはこのLPレコードはあまり録音の多くないヒンデミット ヴァイオリン協奏曲の方がより気になる。

Swscan01300
ジャケット裏には、オイストラフとヒンデミットの写真が掲載されていた。

ヒンデミット ヴァイオリン協奏曲は、メンゲルベルクの委嘱によって1939年に完成された。第二次世界大戦が始まって間もないころである。曲調としては悲惨なとか悲しい感じはなく、エネルギッシュでダイナミックな感じを受ける。20世紀の作品らしい難解な感じはなく素直に聴けるとても良い作品であると感じるし、何しろオイストラフのヴァイオリンが素晴らしい。この復刻盤は当たりだった。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« オペラ イタリアーナ 40CD | トップページ | ショパン、リスト、ドビュッシー ピアノ作品集/金子三勇士(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オペラ イタリアーナ 40CD | トップページ | ショパン、リスト、ドビュッシー ピアノ作品集/金子三勇士(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤) »