« ベートーヴェン 交響曲第3番《エロイカ》 他 / ドゥダメル ベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団 | トップページ | ブラームス チェロソナタ 他 /ガイヤール他 »

2013年11月29日 (金)

バッハ ヴァイオリン協奏曲 /ムローヴァ 、ダントーネ、アカデミア・ビサンチナ

Swscan00010

これは、2012年12月に録音され2013年春に発売された、ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)、オッタヴィオ・ダントーネ(チェンバロ)、アカデミア・ビサンチナによるJ.S.バッハのヴァイオリン協奏曲集。

収録曲

ヴァイオリン協奏曲 第2番 BWV.1042

ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 BWV.1053(原曲:チェンバロ協奏曲 第2番)

ヴァイオリン協奏曲 第1番 BWV.1041

ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲 BWV.1050(原曲:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲/2台のチェンバロのための協奏曲)

編曲されたものもあるが、バッハの時代には、楽器の都合に合わせて編曲されるのは普通に行われていたようであるから不自然ではないと思うし、このCDに収録されているBWV.1053やBWV.1050の協奏曲を聴いても全く違和感を感じない。

ご存知のように、ヴィクトリア・ムローヴァは昔は普通のモダン楽器のヴァイオリンを使っていたが、このCDではガット弦にピリオド弓を使って演奏している。バックのアカデミア・ビサンチナも古楽器のアンサンブルである。しかし、奇をてらった感じは全くなく、リズムやテンポはごく普通で、極めてストイックに美しく演奏されている。ムローヴァのヴァイオリン演奏は、年をとるに従って変化しているが、ピリオドでの演奏になっても彼女ならではの自然な美しさを感じるものになっている。

録音はやや硬質な感じが少し気になるが、バランス良く嫌味な感じがない。概ね良いと言えるだろう。このCDも今年買って良かったと思えたCDであった。

しかし、ひとつだけ気になることがあった。このCDは紙製のジャケットに入っているのだが、厚紙に内袋もない状態でそのまま突っ込んであった。このまま出し入れをすれば、間違いなく傷がつく。私のCDプレーヤーは、CDのわずかな傷やゴミの付着にも弱いものなので、これは困る。封をあけてすぐに内袋に入れて傷が付かないようにしたのは言うまでもない。製造する側、売る側がディスクを大事にしない、これは顰蹙をかっても仕方がないと思う。しかも、格安のボックスに入ったCDではないのだから。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ベートーヴェン 交響曲第3番《エロイカ》 他 / ドゥダメル ベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団 | トップページ | ブラームス チェロソナタ 他 /ガイヤール他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン 交響曲第3番《エロイカ》 他 / ドゥダメル ベネズエラ・シモン・ボリバル交響楽団 | トップページ | ブラームス チェロソナタ 他 /ガイヤール他 »