« フィエスタ / ドゥダメル、ヴェネズエラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ | トップページ | 4グレート・オペラズ(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤)9枚組 »

2013年12月27日 (金)

27の小品 / ヒラリー・ハーン

Swscan00041

これは、ヴァイオリニストのヒラリー・ハーンがアンコールピース用に17ヶ国26人の現代作曲家にヴァイオリンとピアノのためのアンコール・ピースを委嘱した26曲と公募作品1つを収めた2枚組のCDで、先月発売されたばかり。

[CD 1]

01. フランギス・アリ=ザデー (1947): 衝動
02. 佐藤聰明 (1947): 微風
03. ドゥ・ユン (1978) : 虎がハマナスに出会う時
04. デイヴィッド・ラング (1957) : 軽運送 
05. ブン=チン・ラム(1954): 秋の孤独
06. ポール・モラヴェク (1957) : ブルー・フィドル
07. アントン・ガルシア・アブリル (1933) : 第3の溜息
08. アヴネル・ドルマン (1975) : 記憶ゲーム
09. デイヴィッド・デル・トレディチ (1937): 告別 
10. メイソン・ベイツ: (1977) フォードの工場 
11. エイノユハニ・ラウタヴァーラ (1928) : ささやき
12. ジリアン・ホワイトヘッド (1941) : トルア
13. リチャード・バレット (1959) : 陰(かげ)
14. ジェニファー・ヒグドン (1962): エコー・ダッシュ

[CD 2]

01. クリストス・ハツィス (1953) : 終焉 
02. ジェフ・マイヤーズ (1977): カウアイ島の腹立たしい鳥たち 
03. マーク・アントニー・ターネジ (1960) : ヒラリーのホーダウン 
04. ヴァレンティン・シルヴェストロフ (1937) : 2つの小品
05. カラ・ラムナス (1967) : アーラープとタラナ 
06. レラ・アウエルバハ (1973) : 記憶よ、語れ 
07. ティナ・デヴィッドソン (1952) : 地上の青い曲線 
08. エリオット・シャープ (1951) : 眼内の嵐 
09. 大島ミチル (1961): メモリーズ
10. ジェームズ・ニュートン・ハワード(1951): 133… を下らないテンポで
11. ニコ・ミューリー (1981) : 2声 
12. セレン・ニルス・アイヒベルク (1973) :浮揚
13. マックス・リヒター (1966) : 慰撫

ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン)
コリー・スマイス(ピアノ)
録音: 2012年5月、2013年2月 ベルリン

これらの曲は現代作品であり、良いものと駄作が混在している感じがする。後の時代まで残るものと、忘れ去られてしまうような駄作が混じっていると思う。日本人作品では、. 佐藤聰明 (1947): 微風が静かな感じで趣が感じられた。ジェニファー・ヒグドン (1962): エコー・ダッシュは、まるでジャズのような曲。うるさく感じる曲もあれば静かな曲もある。いずれにせよ、委嘱新作を集めて演奏し、CDにしてしまうことはとても意欲的である。

ヒラリー・ハーンがどのような演奏をし、どのようなCDを出すのか、これからも見守りたい。尚、輸入盤を通販で買ったが、通常のドイチェグラモフォンのCDだとヨーロッパ盤だが、これはアメリカ盤だった。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« フィエスタ / ドゥダメル、ヴェネズエラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ | トップページ | 4グレート・オペラズ(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤)9枚組 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィエスタ / ドゥダメル、ヴェネズエラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ | トップページ | 4グレート・オペラズ(Esoteric SACD/CDハイブリッド盤)9枚組 »