« マーラー 交響曲6番 / バルビローリ、ニューフィルハーモニア管(オリジナルLP) | トップページ | フィエスタ / ドゥダメル、ヴェネズエラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ »

2013年12月20日 (金)

ヴェルディ アリア集 /ネトレプコ、ノセダ、トリノ王立歌劇場管弦楽団

Swscan00038

今年は、ヴェルディ生誕200年の年であったが、めぼしい新録音のオペラ全曲盤CDは無かった。しかし、昨年録音され今年発売されたこのオペラアリア集は素晴らしい。

収録曲

歌劇『マクベス』~勝利の日に私は出会った
歌劇『マクベス』~来たれ、急いで
歌劇『マクベス』~地獄の使いどもよ
歌劇『マクベス』~日の光が薄らいで
歌劇『マクベス』~消えてしまえ、このしみよ
歌劇『ジョヴァンナ・ダルコ』~ここに、ここに!
歌劇『ジョヴァンナ・ダルコ』~おお予言の森よ
歌劇『シチリア島の夕べの祈り』~アリーゴ、ああ、心に語れ
歌劇『シチリア島の夕べの祈り』~ありがとう愛する友よ
歌劇『ドン・カルロ』~世の空しさを知る神
歌劇『トロヴァトーレ』~もういいわ
歌劇『トロヴァトーレ』~恋は薔薇色の翼に乗って
歌劇『トロヴァトーレ』~ミゼレーレ、主よ憐れみたまえ
歌劇『トロヴァトーレ』~私よりも、あなたを強く愛している者が

ここで気になるのが、ネトレプコがついにマクベス夫人のアリアを歌ったことだ。マクベス夫人は、よりスピントでドラマチックな歌い方が出来ないといけないのだが、歳をとってより重厚で力強い表現が出来るようなって、マクベス夫人も彼女のレパートリーとなったのだと思う。ここで聴かれる歌は、現代最高のヴェルディ・ソプラノであり、どれも素晴らしい。ネトレプコの声は美しいがやや陰りがあり、苦悩や不安な心情が聴き手に良く伝わる。

そして、音質がとても良いのだ。現在のドイチェ・グラモフォンのCDの中でもかなり良いものだと感じた。そして、この音源が来年、2枚組のアナログLPとしても発売される。こちらも買うつもりである。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« マーラー 交響曲6番 / バルビローリ、ニューフィルハーモニア管(オリジナルLP) | トップページ | フィエスタ / ドゥダメル、ヴェネズエラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲6番 / バルビローリ、ニューフィルハーモニア管(オリジナルLP) | トップページ | フィエスタ / ドゥダメル、ヴェネズエラ、シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ »