« ベルク ヴァイオリン協奏曲 他 / ムター、レヴァイン、シカゴ交響楽団(180gLPレコード) | トップページ | インテグラル / パコ・デ・ルシア(26CDセット) »

2014年2月28日 (金)

HI-FI エリントン アップタウン (Blu-specCD2)

Swscan00125

ジャズに詳しい知人が、デューク・エリントン アップタウンを聴いてごらんよ。音楽はご機嫌だし1950年代初頭のモノラル録音としては、抜群に音が良いぜ!というので、いろいろ調べたら、復刻重量盤のLPは出ているし、ジャズには珍しいSACDも出てるし、昨年発売されたBlu-specCD2でも発売されていた。

そこで、入手しやすく値段も手頃なBlu-specCD2盤を買ってみた。

本当にご機嫌な音楽ですね。一曲目のSkin Deepからして凄い。特に、このドラムは素晴らしい。解説を読んだら、何だエリントン楽団のルイ・ベルソンというドラマーが作曲した曲だから、エリントン楽団が本物のオリジナルというわけだ。

Skin Deepという曲は、1980年2月にNHK-FMのセッション80という番組で高橋達也と東京ユニオン&猪俣猛とセパレーションの合同メンバーによる演奏がとても素晴らしく、今でもエアチェック・テープをCD-Rにしたものを時々聴くので良く知っていたのだが、オリジナルを今まで聴いていなかったのは不覚だった。

他の曲、例えばA-Trainもとても印象的なヴォーカルが入ってとっても良い。こんなアルバムを今まで知らなかったなんて・・・・。

ということで、万年JAZZ初心者は、名盤というものにやられてしまった。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ベルク ヴァイオリン協奏曲 他 / ムター、レヴァイン、シカゴ交響楽団(180gLPレコード) | トップページ | インテグラル / パコ・デ・ルシア(26CDセット) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベルク ヴァイオリン協奏曲 他 / ムター、レヴァイン、シカゴ交響楽団(180gLPレコード) | トップページ | インテグラル / パコ・デ・ルシア(26CDセット) »