« モーツァルト ピアノ・ソナタ全集 /ピリス | トップページ | モーツァルト 交響曲40,41番/カラヤン、ベルリンフィル(HI-Q RECORDS180gLP) »

2014年5月 2日 (金)

ベートーヴェン ピアノソナタ30 32番(米ロンドン初出盤LP)

Swscan00211

バックハウスのベートーヴェンのピアノソナタの中で、一番好きなのが、この30番と32番。特に32番は、何物にも代え難い固有の芸術だと思っている。第一楽章の豪快さ、第二楽章での美しくかつ渋い表現、終り近くでの輝き、何回聴いても引き込まれる。

Be_30_32

ところで、このLPレコードはつい最近手に入れたばかりだ。実は、以前から、バラ売りされたアメリカ・ロンドンのステレオLPでバックハウスのベートーヴェンのピアノソナタを全て集めることを目標にしている。

ただ集めるのではなく、 予算は1枚あたり2千円まで、初出盤にはこだわらないが、英DECCAプレスであるという条件  でだ。

20年位前に、21番(ワルトシュタイン)、23番(熱情)のカップリングされた米ロンドン初出盤(CS6161)を格安で手に入れたことが始まりだった。この盤はコンディションが良く、CDはもちろんの事、手持ちのキング・スーパーアナログ・ディスクよりも鮮明で素晴らしい音質だった。それで、集めることを決心したのだ。

LPでは、モノラルでしか録音されなかった29番(ハンマークラヴィーア)を含んだ10枚組のセットがあり、この英国初出盤を買えば良いじゃないかと思われるかもしれない。しかし、アメリカ・ロンドンの単売されたものは、以下のように13枚に渡っていて、10枚組のセットよりもカッティングに余裕があり、英DECCAプレスであるということもあって音質も優れたものが多い。

CS6099 ピアノ協奏曲1番 No.8(悲愴)  これだけが未入手
CS6161 No.21(ワルトシュタイン)、No.23(熱情)
CS6188 ピアノ協奏曲2番 No.14(月光)
CS6246 No.30、No.32 
CS6247 No.15、No.26(告別)
CS6365 No.28、No.17
CS6366 No.12、No.18
CS6389 No.1、No.5、No.6、No.7
CS6535 No.4、No.25、No.31
CS6584 No.9、No.11、No.20
CS6585 No.2、No.10、No.19
CS6638 No.13、No.24、No.3
CS6639 No.16、No.22、No.27

この13枚のうち、CS6099 ピアノ協奏曲1番 No.8(悲愴)を除く12枚が集まった。8枚が初出盤、4枚が再発盤。入手価格は高いもので2千円、安いものは300円で手に入れた。これで完全制覇まで残すところあと1枚となった。

今回入手したCS6246は、13枚の中で2千円以内という条件では最も入手が厳しいと思っていた。何故かと言うと、この盤は英国SXLで発売されなかった。英国では25cm(10インチ)盤でオリジナル盤が発売されているが、いささか詰め込みすぎで余裕を持ってカッティングされたアメリカ・ロンドン盤の方が明らかに音質が良い。そのような理由から初期盤屋さんでは2万円以上の値段で売っていたところもあるほどなのだ。

2万円以上もするのでは、手持ちのキング・スーパーアナログ・ディスクでも充分に楽しめる音質だからと手を出さずに見送っていた。それが、今回、条件を満たした格安の初出盤が手に入った。しかも安いからといって劣悪な盤ではなかった。この盤は、ブルーバックの初出盤であるが、50年以上前にプレスされたLPレコードとしてはノイズは少なく、コンディションも良かった。

キング・スーパーアナログ・ディスクと聴きくらべて、どちらか1枚だけ残すのであれば、こちらのCS6246だ。中域が厚くややナローレンジではあるが、音の鮮度が高く聴いていて気持ち良い。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« モーツァルト ピアノ・ソナタ全集 /ピリス | トップページ | モーツァルト 交響曲40,41番/カラヤン、ベルリンフィル(HI-Q RECORDS180gLP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト ピアノ・ソナタ全集 /ピリス | トップページ | モーツァルト 交響曲40,41番/カラヤン、ベルリンフィル(HI-Q RECORDS180gLP) »