« ベートーヴェン ピアノソナタ30 32番(米ロンドン初出盤LP) | トップページ | フラメンコフィーバーをCD-R化した »

2014年5月 6日 (火)

モーツァルト 交響曲40,41番/カラヤン、ベルリンフィル(HI-Q RECORDS180gLP)

Swscan00213

これは、カラヤン/ベルリンフィルが1970年にEMIに残した録音の復刻LPレコードで、現行販売されているものである。

カラヤンのモーツァルト40、41番は、1959、1963年にウィーンフィルとDECCAが録音したものや、1975-6年にドイチェグラモフォンにベルリンフィルと録音したものなどがあるが、この3種を聴き比べると、オーケストラがウィーンフィルであるDECCAのものは少し異なるが、1975-6年のドイチェグラモフォン盤は、この1970年のEMI盤により近い。

このHi-Q RECORDS盤は、音質がかなり良く従来の東芝EMIが発売したLPやCDよりも鮮明で、音楽そのものも異なって聴こえるほどだ。1970年代前半がおそらくカラヤンとベルリンフィルの黄金時代だったと改めて思う。CDの廉価BOXだと1枚300円くらいで買えてしまうが、このLPレコードは3千円以上する。それなりのレコードプレーヤーを持っていて、通常のCDより良い音質で聴きたい人には、間違いなくこのLPは買って損はない。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ベートーヴェン ピアノソナタ30 32番(米ロンドン初出盤LP) | トップページ | フラメンコフィーバーをCD-R化した »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーヴェン ピアノソナタ30 32番(米ロンドン初出盤LP) | トップページ | フラメンコフィーバーをCD-R化した »