« オルフ カルミナ・ブラーナ/プレヴィン、LSO他(Hi-Q 180AnalogueLP) | トップページ | アルベニス スペイン組曲/フリューベック・デ・ブルゴス、ニューフィルハーモニア管 »

2014年6月10日 (火)

モーツァルト グレート・ミサ曲 ハ短調 /フリッチャイ、ベルリン放送O.(180g重量盤LP)

Swscan00267

Swscan00268

これは、1959年録音の、フェレンツ・フリッチャイ/ベルリン放送交響楽団によるモーツァルト グレート・ミサ ハ短調で、このLPレコードが初めて発売された当時は、この曲はこのLPしか無かった。今日、様々な演奏がCDで聴くことが出来るが、録音はいささか古ぼけているものの、いささかも生命力を失っていない。

私は、モーツァルトの宗教曲の中では「レクイエム」よりこの曲が好きである。いずれの曲も未完ではあるが、何とも言えないオペラ的なダイナミズムが聴き手の心を鷲掴みにし、別の彼方へ持って行ってしまうような、そういう魅力がある。

この録音に参加している歌手陣も、敬虔な宗教曲らしさと何となくオペラ的な雰囲気を微妙に歌い分けているような気がする。特に、ソプラノのマリア・シュターダーの歌は素晴らしい。

このLPは現行発売されているSpeakers Cornerの復刻LPだが、恐らく音質の評価は分かれると思う。昔のオリジナル盤やオリジナルに近い盤とはかなり異なり、古いヴィンテージのレコードプレーヤーよりも、新しいプレーヤーでカートリッジも新しい設計のものでかけた方が、その良さがよく判る気がする。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« オルフ カルミナ・ブラーナ/プレヴィン、LSO他(Hi-Q 180AnalogueLP) | トップページ | アルベニス スペイン組曲/フリューベック・デ・ブルゴス、ニューフィルハーモニア管 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オルフ カルミナ・ブラーナ/プレヴィン、LSO他(Hi-Q 180AnalogueLP) | トップページ | アルベニス スペイン組曲/フリューベック・デ・ブルゴス、ニューフィルハーモニア管 »