« ハイドン 弦楽四重奏曲 「皇帝」 モーツァルト 弦楽四重奏曲 「狩り」 /アルバン・ベルク四重奏団 (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | 高くなったEsotericSACD/CDハイブリッド盤の中古 »

2014年6月24日 (火)

聞かせてよ愛の言葉を/リュシエンヌ・ボワイエ

Swscan00275

1933年(昭和8年)本邦初出 10寸78回転SP盤

Swscan00276

戦後発売再発 10寸78回転SP盤

このSP初出盤は、このブログを開始した2007年5月26日に、最初に紹介したもの。

リュシエンヌ・ボワイエの「聞かせてよ愛の言葉を」は、1930年にフランスで発売されたシャンソンだが、日本では1933年(昭和8年)に発売された。武満徹さんが戦時中にこの曲を聴き、音楽の道を目指すきっかけとなったと言われるエピソードがある。

2002年、蓄音機を手に入れたすぐ後に、SP盤を扱っている神保町の中古レコード店に電話して、リュシエンヌ・ボワイエの歌った「聞かせてよ愛の言葉を」のSP盤はありますか?と尋ねたところ、国内盤だが初出盤と戦後盤両方在庫があるというので、この時、両方共買ってしまった。同一原盤からとられたスタンパーを使ってプレスされているようだが、再生すると明らかに初出盤の方が音質が良く、ノイズの質も耳に優しい。中古店の値付けも、初出盤の方が高かった。現在は、HMV157という蓄音機にソーン針(サボテンの刺を材料にした針)を使って聴いている。鉄針よりも声が生々しく聴こえるからだ。

30年位前に、私は、この曲を以下のジャケットの再発LP盤で初めて聴いて虜になってしまった。戦前の録音なのに擬似ステレオになった、音質的には最悪のもの。それでも、初めて聴いた時は衝撃的だった。こんな素晴らしい音楽があったんだと。

Swscan00277

拙い文章で素晴らしさを書くより実際に聴いてもらった方が良いし、ユーチューブにもあるので貼り付けてみる。

日本語にも訳詞され、様々な歌手が歌っているが、三輪明宏さんのやつが素晴らしいと思うので、これも貼り付ける。

素晴らしい音楽は、時代や国境を超えて、様々な人に感銘を与える。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ハイドン 弦楽四重奏曲 「皇帝」 モーツァルト 弦楽四重奏曲 「狩り」 /アルバン・ベルク四重奏団 (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | 高くなったEsotericSACD/CDハイブリッド盤の中古 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイドン 弦楽四重奏曲 「皇帝」 モーツァルト 弦楽四重奏曲 「狩り」 /アルバン・ベルク四重奏団 (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | 高くなったEsotericSACD/CDハイブリッド盤の中古 »