« カフェ・バンリュー /タンゴ・トリオ(180g重量盤LP) | トップページ | オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン/歌曲集 »

2014年7月29日 (火)

ダウランド リュート歌曲集/スティング、「ラビリンス」

Swscan00299

ジョン・ダウランドは、16世紀後半から17世紀前半に生きたイギリスの作曲家でリュート奏者であった。それら古い曲をポピュラー音楽界のスーパースターであるスティングが2006年に発売したアルバムがこれ。

1. ウォルシンガム
2. あのひとは言い訳できるのか
3.「公正なる閣下・・・」
4.流れよ、わが涙
5.あなたは見たのか、輝く百合を
6.「・・・かつてジョンソン氏が亡くなられた折・・・」
7.いと高貴で偉大なるデンマーク王クリスチャン4世のガリアード
8.一番低い木にも梢はある
9.「・・・私の望むように・・・」
10. ご婦人用の見事な細工物
11. 「・・・そこから私はヘッセン方伯のところへ行きました・・・」
12. ファンタジア
13. 来たれ、重い眠り
14. 失われた希望のファンシー
15. 「・・・またそこから私はイタリアをぜひ見たいと思い・・・」
16. さあ、もう一度
17. つれないあなたは私の心から
18. 「・・・出発したあとで私は・・・」
19. もう泣かないで、悲しみ泉よ
20. ウィロピー卿ご帰館
21. 晴れていても曇っていても
22. 「・・・スペインの王様が来年の夏に・・・」
23. 暗闇に私を住まわせて

この中で一番有名な曲は、4番目の「.流れよ、わが涙 」だと思う。いずれの曲も通俗的なもので、愛や悲しみなど人間の感情を題材にしたもので、リュートというアコースティック・ギターに似た楽器をバックに歌う、極めてシンプルな音楽である。

おそらく、このアルバムは、ダウランドの曲のCDの中で一番有名だと思う。CDの英語解説でスティング自身が書いており、ダウランドへの尊敬と傾倒が感じられる。

ジャンルとしては完全にクラシック音楽なので、ポピュラー音楽しか聴かない人にとっては、このアルバムは異端かもしれない。でも、私はスティングのアルバムはこれしか持っていない。疲れた時に夜中にひっそりと聴くのに良い音楽である。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« カフェ・バンリュー /タンゴ・トリオ(180g重量盤LP) | トップページ | オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン/歌曲集 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カフェ・バンリュー /タンゴ・トリオ(180g重量盤LP) | トップページ | オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン/歌曲集 »