« ダウランド リュート歌曲集/スティング、「ラビリンス」 | トップページ | ショパン、リスト、ドビュッシー、バッハピアノ作品集 第二集/金子三勇士 (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2014年8月 1日 (金)

オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタイン/歌曲集

Swscan00302

これは、1974年発売のTELEFUNKEN DAS ALTE VERKシリーズのドイツプレスのLPレコード。

Swscan00303

今でこそ、オズヴァルト・フォン・ヴォルケンシュタインのCDは発売されるようになったが、LPの時代には一般には全く知られていなかったのではないだろうか。このLPを手に入れたのは、オーディオの試聴会で、このLPがかけられて、その鮮烈な音質とともに、通常のクラシック音楽とは異なるリズム感、メロディーがあって、非常に新鮮に聴けたからだ。

14世紀から15世紀に生きた人なので、普通のクラシック音楽300年の歴史よりさらに時代が古い。ネットで検索してもろくに情報は無いが、最後の吟遊詩人と呼ばれたらしい。南チロルの貴族の出身らしいが生涯あちこち放浪したらしい。

Swscan00304

一曲一曲は2分から5分なので、現在のポピュラー音楽と長さは変わらない。このLPでは、ソプラノ、テノール、バリトンの3人の歌手が、リュート、フルート、リコーダー、パーカッション、太鼓などのバックに歌っていて、しかも、普通のクラシック音楽の歌い方ではなく、通俗的な感じで、現代のポップス音楽を聴く人にも受け入れられるようなスタイルの音楽である。スティングの「ラビリンス」が聴けるなら、これも間違いなく聴ける。

録音は鮮明で自然に録られていて、最新録音と比較してもまったく遜色はない。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ダウランド リュート歌曲集/スティング、「ラビリンス」 | トップページ | ショパン、リスト、ドビュッシー、バッハピアノ作品集 第二集/金子三勇士 (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダウランド リュート歌曲集/スティング、「ラビリンス」 | トップページ | ショパン、リスト、ドビュッシー、バッハピアノ作品集 第二集/金子三勇士 (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »