« ベルリオーズ 幻想交響曲/マゼール、クリーヴランド管弦楽団 | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第4番 / マゼール、クリーヴランド管弦楽団(ロリン・マゼールの芸術30CDより) »

2014年9月16日 (火)

シベリウス 交響曲2番、6番 /マゼール、ピッツバーグ響(ロリン・マゼールの芸術30CDから)

Swscan00331

ロリン・マゼールは、若いころからシベリウスの交響曲を得意にしていて、1960年代初め頃には、DECCAにウィーンフィルと録音した全集があって、全部ではないけれど、オリジナルに近い英国初期LPも持っている。その録音と比べると、この2番と6番は、円熟したとか少しおっとりと余裕のあるような表現をしているように思う。ピッツバーグ交響楽団は、現代の優秀なオーケストラらしい少し分析的に聴くようなことをしても、アンサンブルや各パートの表現は素晴らしいもので、説得力ある音楽を聴かせる。

録音は1990年代初め頃だが、このCDは1枚あたり200円足らずという廉価盤なのに、かなり優秀な音質である。ロリン・マゼールの芸術30CDを1枚1枚聴くに従って、マゼールが生きている間に、生演奏を聴いておくべきだった、との後悔の念が湧き出てくる。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ベルリオーズ 幻想交響曲/マゼール、クリーヴランド管弦楽団 | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第4番 / マゼール、クリーヴランド管弦楽団(ロリン・マゼールの芸術30CDより) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベルリオーズ 幻想交響曲/マゼール、クリーヴランド管弦楽団 | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第4番 / マゼール、クリーヴランド管弦楽団(ロリン・マゼールの芸術30CDより) »