« ドニゼッティ 「シャモニーのリンダ」から 《この心の光 》/トティ・ダルモンテ(78RPM盤) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲/マゼール、クリーヴランド管弦楽団 »

2014年9月 9日 (火)

ロリン・マゼールの芸術(30CD)

Maazel

ロリン・マゼールの急逝によって、数年前に発売されたが品切れしていて入手困難だったボックスが再生産され、静岡のCD屋さんに並んでいたので買ってみた。

まだ全部聴いてはいないのだが、ボックスはこの写真のように蓋がとれるタイプ。30枚のCDは、厚紙のしっかりしたオリジナルデザインのジャケットに入っていて、造りは立派である。解説書は、曲目とカラー写真をちりばめた60数ページのもので、手抜きがない。このボックスは、1枚あたり200円を切る値段でとても安いのであるが、音質もかなり良いようである。

活発でスリリングなベートーヴェンの交響曲全集は1970年代後半のアナログ録音でややデッドで響きが少ない感じがするが、当時の音質をそのまま保っている感じがするし、デジタル録音になってからのものも、単売されたオリジナルCDと比べて音質が良くなっているものさえある。1990年代の録音であるシベリウス交響曲全集(ピッツバーグ交響楽団)もこのボックスで全て聴けるのも嬉しい。

ベルリンフィルとのコンビで録音した巷での評価が分かれるワーグナーの管弦楽集も聴いたが、特に、「ジークフリート牧歌」の美しさには参ってしまった。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ドニゼッティ 「シャモニーのリンダ」から 《この心の光 》/トティ・ダルモンテ(78RPM盤) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲/マゼール、クリーヴランド管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
マゼールボックス、出た当初に買いました。ベートーヴェンあり、ベルリオーズあり、チャイコフスキーあり、シベリウスと、聴きどころ満載で楽しかった。
まだ開けていないものもあります。。

投稿: ポンコツスクーター | 2014年9月 9日 (火) 21時37分

先ほどまで、このボックスの中のレスピーギのローマ三部作を聴いていました。細かいところまで神経が行き届いた素晴らしい演奏でした。音質も良い状態が保たれていて、全く不満がありません。格安ボックスの中にはガッカリというのもあるのですが、これは良いですね。

投稿: 黄金のアンコール | 2014年9月 9日 (火) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドニゼッティ 「シャモニーのリンダ」から 《この心の光 》/トティ・ダルモンテ(78RPM盤) | トップページ | ベルリオーズ 幻想交響曲/マゼール、クリーヴランド管弦楽団 »