« モーツァルト フルート四重奏曲 / クイケン兄弟ら (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ベートーヴェン 交響曲全集/シュミット=イッセルシュテット、ウィーンフィル(英DECCAプレスLPセット) »

2014年9月30日 (火)

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 / シェリング、シュミット=イッセルシュテット、ロンドン交響楽団

Swscan00336

これは、ヘンリック・シェリングが1965年に、ハンス・シュミット=イッセルシュテット、ロンドン交響楽団と録音したベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲のLPレコードである。

さて、このベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の演奏は、ハンス・シュミット=イッセルシュテットの指揮の力が大きいことを改めて感じた。ドイツ的などっしりとした造形の上にしなやかさを内包し、スケール大きく雄大なオーケストラをバックに、極めて正統的で癖が無く、そしてテクニックが確かで、深い音楽性を感じさせる美しいヴァイオリンが奏でる名演奏、という感じだ。ハイティンク/コンセルトヘボウのEsotericSACD/CDハイブリッド盤の方も間違いなく名演で音質も良いのだが、輸入盤のLPで聴くハンス・シュミット=イッセルシュテット盤は、音質でも全く負けていないどころか、ヴァイオリンの美しさは、拙宅ではこの盤の方がより良く聴ける。

Swscan00338

先日ご紹介したハイティンク、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のブログ・コンテンツで、ウィーンフィルと誤ってしまった理由は、この8枚組のCDボックスの表側だけ見ると、ロンドン交響楽団の表記が無いからで、ウィーンフィルなんだと勘違いしていました。

ちなみに、このCDボックスは安かったけれど、音質はLPには遥かに及ばないので音質だけで言うとまさに安かろう悪かろうだ。ただし、演奏はどれも素晴らしいものであることは間違いない。ベートーヴェンの交響曲全集は、手持ちに英DECCAプレスのLPボックスがあるけれど、そのLPを使って自分でCD-Rに落としたものと、このCDを聴き比べると、自前のCD-Rの方が音が良い。そのくらい音質が違う。だから、音質良く楽しむには、CDでは、Esotericのハイティンク、アムステルダム・コンセルトヘボウ盤を聴いて、シュミット=イッセルシュテット、ロンドン響盤はPhilipsレーベルの輸入LPで聴くのが良いと思う。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« モーツァルト フルート四重奏曲 / クイケン兄弟ら (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ベートーヴェン 交響曲全集/シュミット=イッセルシュテット、ウィーンフィル(英DECCAプレスLPセット) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
仰るように、シェリングとイッセルシュテットのベートーヴェンは良いですね。ハイティンクとのものも悪くはありませんが、スケールの大きさが違うように感じます。
LPでは聴いた事がありません。いいのでしょうね。

投稿: ポンコツスクーター | 2014年10月 2日 (木) 20時55分

シェリングは1918年生まれですから、1965年というと40歳代後半のヴァイオリニストとして全盛期の時代なのですね。

ハイティンク/コンセルトヘボウ盤では、ハイティンクの音楽性も手伝って、よりまろやかに聴かせます。彫の深いドイツ的なベートーヴェンを求めると、シュミット=イッセルシュテット盤の方だと思います。

投稿: 黄金のアンコール | 2014年10月 2日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト フルート四重奏曲 / クイケン兄弟ら (EsotericSACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | ベートーヴェン 交響曲全集/シュミット=イッセルシュテット、ウィーンフィル(英DECCAプレスLPセット) »