« 「シクーリの神技」コンドルは飛んで行く、花祭り/タワンティンスージュ(中南米フォルクローレ) | トップページ | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲他/ムター、ホーネック、ベルリンフィル(180g重量盤LP) »

2014年10月31日 (金)

シクーリの神技 風とケーナのロマンス/タワンティンスージュ(中南米フォルクローレ)

Swscan00372

これは、先日ご紹介した2枚のLPレコードが発売された後、来日記念盤として1978年に発売されたLPレコードで、4人のメンバーのうちの1人が入れ替わっている。

Swscan00373

「風とケーナのロマンス」という曲は、中南米フォルクローレのレパートリーの中でも、「コンドルは飛んで行く」や「花祭り」と並んで非常に有名な、素朴で美しい曲である。演奏者は異なり日本人であるが、とても良い思う演奏がユーチューブにあるので張り付けてみる。

タワンティンスージュの「風とケーナのロマンス」の演奏は、渋いシクーリが伴奏についていて、かなり趣が異なる。

このLPレコードは、当時買いそびれたもので長いこと探していたが、何のことは無いネットオークションでわずか¥35で出ていたものを落札したもの。35年前の中古盤としては状態も悪くなかった。

B面には、先日ご紹介した2枚のLPレコードの中に入っていたお気に入りの曲「スマック・プニ」と「カサヘルタ」が入っていて、異なった演奏なのかなと期待して聴いたが、手持ちのLPレコードのと同一テイクだと思われ、ちょっとがっかりした。しかし、メンバーが入れ替わって、ケーナの独奏がさらに良くなって、このLPレコード全体からすると、他の手持ちのLPレコードよりも良い部分も多い。このLPレコードもCDでは売られていないので、早速デジタル化しCD-Rに焼いてCDプレーヤーで聴けるようにした。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« 「シクーリの神技」コンドルは飛んで行く、花祭り/タワンティンスージュ(中南米フォルクローレ) | トップページ | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲他/ムター、ホーネック、ベルリンフィル(180g重量盤LP) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「シクーリの神技」コンドルは飛んで行く、花祭り/タワンティンスージュ(中南米フォルクローレ) | トップページ | ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲他/ムター、ホーネック、ベルリンフィル(180g重量盤LP) »