« レナード・バーンスタイン・コレクションVol.1(59CD+1DVD) | トップページ | ヴェルディ トロヴァトーレ全曲/セラフィン、スカラ座(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

2014年12月30日 (火)

モーツァルト 魔笛全曲 ショルティ/ウィーンフィル(Esoteric Great 5 Operas SACD/CDハイブリッド盤)

Dsc_0001

これは、今月発売されたばかりの9枚組のセットで、「トロヴァトーレ」セラフィン/スカラ座、「魔笛」ショルティ/ウィーンフィル(1969録音)、「カヴァレリア・ルスティカーナ、道化師」カラヤン/スカラ座、「魔弾の射手」クーベリック/バイエルン放送o.の組み合わせ。これら5つのオペラ録音に共通したものは、いずれもがアナログ・ステレオ録音の時代の極めつけの名演奏ばかりだということ。この中のクーベリックの「魔弾の射手」以外はオリジナルLPないしオリジナルに近い盤を持っていて、通常CDとともに愛聴しているものばかりだ。

まずは、1969年録音のショルティ/ウィーンフィルの「魔笛」。1960年代に録音された「魔笛」で今も聴くものは、クレンペラー/フィルハーモニア管、ベーム/ベルリンフィルと、このショルティ/ウィーンフィル盤だ。クレンペラー盤は豪華なキャストが揃い、良い演奏、良い録音であるが、台詞(セリフ)が省略されていて一般的ではない。ベーム盤は、ブンダーリッヒのタミーノが抜群に良いのだが、ピータースの夜の女王は可愛い過ぎて迫力がないなど、キャストに凸凹がある。よって、総合力では、ショルティ盤が一歩抜きん出ていると思うので、録音も含め、「魔笛」にこのショルティ盤を採用したEsotericの担当者の判断は妥当だと思う。

従来盤とこの新しいハイブリッド盤のCD層を聴き比べてみるが、手持ちの従来盤(414568-2ドイツ・ハノーバープレス輸入盤)は、音が痩せウィーンフィルの弦楽器の艷やかな響きが無い。対してEsoteric盤は、Fレンジが広く弦楽器がウィーンフィルらしく鳴り、歌手の声が濃く定位感良く気持ち良い。特に、ヘルマン・プライのパパゲーノが素晴らしく良く聴こえる。終幕の夜の女王達が永遠の夜に落とされる場面の轟音などの音響効果も素晴らしい音質で、非常に楽しめるセットであった。この両者の音質差はとても大きく、従来盤は中古盤屋に引き取ってもらう事にする。

Dsc_0002

手持ちには、1971年発売の英国プレスLP盤(SET479/81)もある。これは、新しいハイブリッド盤よりも音色が濃厚で、弦楽器の艶やかさや声の質感は最上であるが、低域方向のFレンジが狭く、ホールの広さなどは新しいハイブリッド盤の方がわかる。78ページに及ぶケント紙みたいな上質の紙で作られた分厚いリブレットが付属し、このようにカラー印刷の絵が付いていたりする。当時のLPレコードは高価だったが、それだけお金をかけて作られていた。だから、このLPレコードを処分する気にはならない。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« レナード・バーンスタイン・コレクションVol.1(59CD+1DVD) | トップページ | ヴェルディ トロヴァトーレ全曲/セラフィン、スカラ座(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レナード・バーンスタイン・コレクションVol.1(59CD+1DVD) | トップページ | ヴェルディ トロヴァトーレ全曲/セラフィン、スカラ座(EsotericSACD/CDハイブリッド盤) »