« SHANTI'S LULLABY /SHANTI (180g重量盤LP) | トップページ | SHANTI's LULLABY / SHANTI (通常CD盤) »

2015年1月30日 (金)

マーラー 交響曲「大地の歌」 /ジュリーニ、ベルリンフィル、ファスベンダー、アライサ

Swscan00472

マーラーは、長大な交響曲を幾つも書いたが、一番優れた作品は、交響曲「大地の歌」だと思う。交響曲と言っても、6つの歌で出来たオーケストラ伴奏の歌曲と見ることも出来るもので、6つのうち、奇数番号の歌はテノールで、偶数番号の歌はアルトかバリトンで歌われるものだ。中国の李白や銭起、孟浩然、王維などの詩をドイツ語に訳したものをテキストにし、東洋の死生観をテーマにしたもので、東洋的な五音階が使われている。

この曲の一番の愛聴盤は、1960年代に録音されたブンダーリッヒとルートヴィッヒが歌ったクレンペラー盤で、オリジナル盤もEsotercSACD/CDハイブリッド盤も持っている。デジタル録音の1980年代以降の録音のもので一番気になるのは、このジュリーニ/ベルリンフィル盤で、LPレコードでドイツ盤と国内盤で所有している。しかし、CDは持っていない。

Swscan00474

Swscan00475

ジュリーニは、ベルリンフィルを巧妙にドライブし、マーラーの音楽の輝きと影を上手く醸し出しているように思うし、ブリギッテ・ファスベンダー(アルト)、フランシスコ・アライサ(テノール)らの歌もかなり良く、捨て去ることが出来ない盤である。

CDを買わないのは、この1980年代当時のドイチェ・グラモフォンは、デジタル録音やそれのCD化に対して充分なノウハウの蓄積がなく、LPレコードの方が良い音質のものが多かったからだ。ドイツ盤と国内盤の音質差は1970年代までのLPレコードより少ないが、ドイツ盤の方が音色が鮮明に聴こえる。ただし、S/Nなど盤質は国内盤のほうが良い。当時の値段は、輸入盤が¥2200位、国内盤は¥2800だった。現在のCDの安さが判るだろう。また、現在の重量盤LPが¥4000程度しても、当時のLPレコードの値段を考えたら、決して高くはないと思える。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« SHANTI'S LULLABY /SHANTI (180g重量盤LP) | トップページ | SHANTI's LULLABY / SHANTI (通常CD盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この「大地の歌」、私もLPで持っています。いろいろ聴きましたが、オーケストラがもっとも映えているのは、この演奏ですね。
同じメンバーのライヴ盤(テスタメント)があります。これは、とてもいいです。

投稿: 芳野達司 | 2015年1月31日 (土) 22時18分

TESTAMENT CLASSICSからCDで出ているのは、このレコーディングの数日前に行われたライヴらしいですが、買いそびれてしまいました。演奏時間がかなり違うので、異なる印象を受けるでしょうね。

ジュリーニのマーラーは、シカゴ響との第9番もオリジナルLPで持っています。こちらはCDで聴くと一本調子な感じですが、LPで聴くと弱音部でジュリーニがいかにオーケストラを押さえ込んでいるのかという気力みたいなものまで伝わってきます。だからLPが捨てられないのです。

投稿: 黄金のアンコール | 2015年2月 1日 (日) 08時06分

マーラーの最高傑作となると8番や9番も捨てがたいし、もし完成してればおそらく10番になったと思いますが、でもやっぱり自分も大地の歌に同意というか共感します。アナログ録音では自分もクレンペラー盤が一番好きです。デジタル録音以降では表題のジュリーニは勿論、ブーレーズ、シノーポリ、大植等も好きですが、何といってもついこの間の2011年に録音されたヤニック・ネゼ・セガンのロンドンフィル盤が素晴らしい出来です。録音も普通のCDのみでSACDはありませんが大変優秀です。もし未聴でしたら聴いてみてください。

投稿: ルコナン | 2015年2月 3日 (火) 02時47分

ヤニック・ネゼ・セガンのロンドンフィル盤、是非とも手に入れて聴いてみます。

投稿: 黄金のアンコール | 2015年2月 3日 (火) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SHANTI'S LULLABY /SHANTI (180g重量盤LP) | トップページ | SHANTI's LULLABY / SHANTI (通常CD盤) »