« ドニゼッティ ラ・ファヴォリータ/エレーデ、フィレンツェ音楽祭、シミオナート、ポッジ他 | トップページ | チレア:歌劇アドリアーナ・ルクヴルール/カプアーナ、ローマ聖チェチーリア音楽院 テバルディ他 »

2015年3月31日 (火)

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第一番、ソナタ第八番(悲愴)/バックハウス、シュミット=イッセルシュテット(米ロンドン英プレスLPレコード)

Cs6099

このLPレコードを聴くと、ベートーヴェンのピアノ協奏曲1番は名曲だなと思う。重心の低いどっしりとししなやかな弦楽器と、少し渋めのピアノが織りなす個性は、この演奏ならではである。余白のソナタ第八番(悲愴)も良い。

英国発売のDECCA SXL2178は、ピアノ協奏曲1番と2番が片面ずつに入って発売されているが、米国ロンドンのCS番号では、A面に1楽章、2楽章が入り、B面に3楽章、余白にピアノ・ソナタ8番を入れるカッティングで、英国発売のDECCA SXLよりも余裕があるカットとなっている。加えて、当時の米国と英国の経済力の差からか、米国盤の方が沢山売れて、残存するLPレコードも多いので希少価値がなく中古価格が安い。

この盤は、モノラル盤と同じ外溝の厚いパンケーキ盤と呼ばれるものが存在すると思うので初版ではないと思うが、中溝でブルーバックジャケットなので1960年代の前半のプレスだからそれでもプレスされてから50年以上経過したものだ。

Swscan00582

20年位前から、米国発売のロンドン盤で1枚あたり¥2000以下という縛りの中で、ウィルヘルム・バックハウスのステレオ録音のベートーヴェンピアノ・ソナタの英国プレスのバラで発売されたLPレコードを集めだした。昨年、あと2枚残ったうちのCS6246 No.30、No.32を入手し、このCS6099 ピアノ協奏曲1番 No.8(悲愴)だけが未入手だったのが、最近、ようやく入手できた。

ウィルヘルム・バックハウスのステレオ録音のベートーヴェンピアノ・ソナタのLPレコードセットは、モノラルでしか録音されなかった29番(ハンマークラヴィーア)を含んだ10枚組ボックスが発売されており、時々中古盤で見かける。手っ取り早くこの英国初出盤を買えば良いじゃないかと思われるかもしれない。しかし、米国ロンドンの単売されたLPレコードは、英国発売のDECCA SXLとはカップリングがかなり異なっており、ステレオ録音の無いハンマークラヴィーアを除いたものをバラで集めると13枚になる。ハンマークラヴィーアを含んだ10枚組のセットよりも明らかにカッティングに余裕があり、英DECCAプレスであるということもあって音質も優れたものが多い。

CS6099 ピアノ協奏曲1番 No.8(悲愴)       
CS6161 No.21(ワルトシュタイン)、No.23(熱情)
CS6188 ピアノ協奏曲2番 No.14(月光)
CS6246 No.30、No.32      
CS6247 No.15、No.26(告別)
CS6365 No.28、No.17
CS6366 No.12、No.18
CS6389 No.1、No.5、No.6、No.7
CS6535 No.4、No.25、No.31
CS6584 No.9、No.11、No.20
CS6585 No.2、No.10、No.19
CS6638 No.13、No.24、No.3
CS6639 No.16、No.22、No.27

Backhaussonata

一番安かったのは¥300、高かったものでも¥2000なので、¥2000以下という縛りは守った。高価な中古盤に手を出せば、こんなに時間はかからなかった。何とかコンプリート達成、万歳!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ドニゼッティ ラ・ファヴォリータ/エレーデ、フィレンツェ音楽祭、シミオナート、ポッジ他 | トップページ | チレア:歌劇アドリアーナ・ルクヴルール/カプアーナ、ローマ聖チェチーリア音楽院 テバルディ他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドニゼッティ ラ・ファヴォリータ/エレーデ、フィレンツェ音楽祭、シミオナート、ポッジ他 | トップページ | チレア:歌劇アドリアーナ・ルクヴルール/カプアーナ、ローマ聖チェチーリア音楽院 テバルディ他 »