« マーラー 交響曲第1番 / バーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウ(180g重量盤LP) | トップページ | ベートーヴェン 序曲集/クリュイタンス、ベルリンフィル(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) »

2015年5月29日 (金)

マーラー 交響曲 第4番/バーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウ(180g重量盤LP)

Swscan00662

ANALOGPHONICから発売された、レナード・バーンスタイン/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団による1987年デジタル録音の復刻LPレコード。

Swscan00664

ANALOGPHONICは、韓国ユニバーサル・ミュージックが企画して始まった旧フィリップス、DECCA、ドイチェグラモフォンのデジタル録音の音源を高品質な180g重量盤で復刻発売するもので、プレスはドイツ、ジャケットもEU域内で制作されている。リマスターやカッティングが入念に行われている印象で、高音質なものが目白押しである。このLPレコードも期待を裏切らないものだった。

バーンスタインは偉大なマーラー指揮者であった事が、CDを聴くよりもはっきりわかる感じがする。また、この演奏では、終楽章の独唱にボーイソプラノを起用しているが、それもはっきりと成功しているのがよく判る。終楽章の歌は、「子供の魔法の角笛」から「天上の生活」で、無邪気に天国の楽しさを歌うのにふさわしい。

マーラーの交響曲第4番は、マーラーの作曲した交響曲の中で一番短く、しかも一番わかりやすい美しい交響曲である。マーラーは長すぎて、という方にも、4番だけは聴いて欲しい。名盤は沢山あるが、バーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウ盤も間違いなくそのうちの1枚だと思う。

この4番を含め、ANALOGPHONICからは1、2、4、5番が発売された。残る6タイトルの発売が待ち遠しい。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« マーラー 交響曲第1番 / バーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウ(180g重量盤LP) | トップページ | ベートーヴェン 序曲集/クリュイタンス、ベルリンフィル(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲第1番 / バーンスタイン、アムステルダム・コンセルトヘボウ(180g重量盤LP) | トップページ | ベートーヴェン 序曲集/クリュイタンス、ベルリンフィル(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CD) »