« ムソルグスキー 展覧会の絵、ストラヴィンスキー 火の鳥/ムーティ、フィラデルフィアO.(Hi-Q Supercuts180g重量盤LP) | トップページ | BLUE NOTE レーベルのJAZZ名盤6枚 »

2015年6月30日 (火)

ビゼー アルルの女 組曲1番、2番、カルメン 組曲1番/カラヤン、フィルハーモニア管(Hi-Q180g重量盤LP)

Swscan00685

これも、2、3年ほど前に発売されたHi-QRecords Supercuts180g重量盤LPである。Hi-QRecordsはEMIのアナログ録音時代の古い音源を借りて高音質なアナログLPを復刻発売しているが、この音源もEMIで、1958年のアナログ録音であり1959年初出である。カラヤンは、1950年代にフィルハーモニア管と沢山の録音をEMIに残したが、これもその1枚。

Swscan00687

カラヤンは、その生涯で、ビゼー アルルの女 やカルメン組曲を3回ないし4回録音しているが、この録音はその最初のもので、後のものは全てベルリンフィルでドイチェグラモフォン・レーベルである。1950年代のこの録音は、カラヤンがまだ若く推進力を持って演奏し、後の録音のような緻密で細かい所まで磨き上げるような感じが無い。1970年頃のベルリンフィルとの録音はそういう意味で1つの頂点にある演奏だと思うが、この録音の方を好む人も居るだろう。

このLPレコードは、1950年代終わり頃のEMI録音の通常CDしか聴いていない人はその音質に驚くだろう。このLPレコードをきちんとかけた状態で聴いたら、EMIの録音が悪いという人は、おそらく居ないと思う。むしろ、1950年代終わり頃のEMIのクラシック録音はこんなに良かったんだと感心すると思う。DECCAレーベルのように間近で聴くような感じではなく、少し遠くから程よい残響を含めて上手く聴かせる録音であり、私は、EMI録音に好きなものが多い。

マスターの劣化をあまり感じさせず、上手く復刻している良いLPレコードだ。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

 

|

« ムソルグスキー 展覧会の絵、ストラヴィンスキー 火の鳥/ムーティ、フィラデルフィアO.(Hi-Q Supercuts180g重量盤LP) | トップページ | BLUE NOTE レーベルのJAZZ名盤6枚 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ムソルグスキー 展覧会の絵、ストラヴィンスキー 火の鳥/ムーティ、フィラデルフィアO.(Hi-Q Supercuts180g重量盤LP) | トップページ | BLUE NOTE レーベルのJAZZ名盤6枚 »