« ヴェルディ 椿姫 /クライバー、バイエルン国立歌劇場(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト コンサートアリア集/グルベロ-ヴァ、フィッシャー、ウィーン室内o. »

2015年8月28日 (金)

レハール メリー・ウィドウ/ガーディナー、ウィーン・フィル他

Swscan00766

これは、1994年録音のもので、ウィーンフィルが初めて「メリー・ウィドウ」を録音したもの。そもそも、ウィーンフィルはウィーン国立歌劇場のオーケストラでもあるわけだが、オペラとオペレッタを厳格に区別し、ウィーン国立歌劇場で上演するオペレッタは、ワルツ王ヨハン・シュトラウスの「こうもり」だけで、上演の仕方によっては物凄く下品になってしまう「メリー・ウィドウ」はレパートリーではなかった。

上品な「メリー・ウィドウ」を聴きたかったなら、まずはこれを聴くと良い。このCDについては、以前にもこのブログで書いた。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-e24c.html

今回は、CDコレクター的で、オーディオマニア的な裏話を書いてみる。

Swscan00767_2

これは、ドイツ初出盤(上)と日本初出盤(下)を重ねてみた写真。ドイツ盤の方が厚く、日本盤は薄い。この理由は、付属のリブレットの厚さにある。ドイツ初出盤は原語(フランス語)とドイツ語、英語の対訳が余裕を持たせた140ページの冊子なのに対し、日本初出盤は原語、日本語の70ページ。何か日本初出盤の方が、損している感じがする。当時の値段はというと、ドイツ初出盤が¥2600位、日本初出盤は¥3000。今のCDもそうなのだが、日本盤の方が高かった。

CDの盤のプレスの質は日本盤の方が良い。流石、Made In Japan。しかし、聴き比べると輸入盤の方が音質が良い。日本盤は高域がやや丸まった感じで音に若干にじみがある感じがする。もちろん、これは聴き比べた結果であって、日本盤でも1990年代半ばの録音としては高音質なCDである事に疑いは無い。

当時のCDは、現在よりも輸入盤の方が音が良いものが多かったのであるが、雑誌などでは、国内のCD発売元が広告スポンサーになっている関係上、評論家などは、そのような事は一切書くことは無かった。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

|

« ヴェルディ 椿姫 /クライバー、バイエルン国立歌劇場(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト コンサートアリア集/グルベロ-ヴァ、フィッシャー、ウィーン室内o. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヴェルディ 椿姫 /クライバー、バイエルン国立歌劇場(SACD/CDハイブリッド盤) | トップページ | モーツァルト コンサートアリア集/グルベロ-ヴァ、フィッシャー、ウィーン室内o. »