« パリ~ベル・エポック/ ヨー・ヨー・マ、キャスリン・ストット | トップページ | ブラームス 二重協奏曲、ピアノ四重奏曲3番/スターン、マ 他 »

2015年11月17日 (火)

シンプリー・バロック/ヨー・ヨー・マ、コープマン、アムステルダムバロック管弦楽団

Swscan00887

これはザ・クラシカル・チェロ・コレクション(15CD SET)の中の1枚で、1998年録音、1999年に初出、ヨー・ヨー・マがピリオド楽器の古楽オーケストラをバックにバロック・チェロを弾いたもの。曲目もバッハやボッケリーニというバロック時代のものだ。

曲目

J.S.バッハ:
『讃えよ、誉めよ』(カンタータ第167番『人びとよ、神の愛をたたえよ』より)
『神よ憐れみたまえ』(マタイ受難曲BWV244 より)
『主よ、人の望みの喜びよ』(カンタータ第147番)
『汝の慈愛によりてわれらを死なしめたまえ』(カンタータ第22番「イエスは十二使徒を引き寄せ」より)
『主イエス・キリストよ、われ汝に呼ばわる』(オルガン小曲集より)
『イエスよ、いまぞ汝御空より降り来たりて』(シュープラー・コーラル集より)
『私の心を、イエスよ』(カンタータ第163番「各々に各々のものを」より)
『汝の血は、けだかき命の糧』(カンタータ第136番「神よ、われを調べ、わが心を知りたまえ」より)
『G線上のアリア』(管弦楽組曲第3番ニ長調 よりアリア)

ボッケリーニ:
チェロ協奏曲ト長調 G.480
チェロ協奏曲ニ長調 G.478

トン・コープマンは、指揮、編曲、オルガンとハープシコードも担当している。ヨー・ヨー・マは、伝統的なヴィブラートを使わないバロックの奏法で弾いており、モダンチェロを縦横無尽に弾きこなすテクニシャンというイメージとは全く異なる演奏なので、却って新鮮な感じで聴けた。演奏は温かく血の通ったもので、彼の演奏家としての器の大きさを思い知らされる。

録音も良く、この当時のものとしては非常に音が良く、これが1枚¥230相当であるというのはもったいないような気もする。


にほんブログ村

|

« パリ~ベル・エポック/ ヨー・ヨー・マ、キャスリン・ストット | トップページ | ブラームス 二重協奏曲、ピアノ四重奏曲3番/スターン、マ 他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリ~ベル・エポック/ ヨー・ヨー・マ、キャスリン・ストット | トップページ | ブラームス 二重協奏曲、ピアノ四重奏曲3番/スターン、マ 他 »