« Dark Sky Island/Enya(アナログLP、デジパックCD) | トップページ | リムスキー=コルサコフ シェヘラザード他/ロストロポーヴィチ、パリ管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤) »

2015年12月25日 (金)

ベルリオーズ 幻想、イタリアのハロルド 他/バーンスタイン、フランス国立o.(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤 2CD)

Swscan00898

今月発売になったばかりの、タワーレコード限定発売の Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤の第2弾の1組。今年5月末に発売された初回のクリュイタンスのベートーヴェンなどは、とても良い印象だったので、発売のインフォメーションがあった時点で全品予約をした。尚、第3弾が1月20日に発売になるが、それもすでに予約した。

Dsc_0001

今回発売されたもののうち、真っ先に聴いたのがこのセット。アナログLPの時代から聴いていたもので、特に「イタリアのハロルド」は、この録音が愛聴盤だからだ。最近発売されたHi-Q Recordsの高品位180g重量盤と聴き比べるのも楽しかった。どちらも1970年代のアナログ録音の復刻ソフトとして甲乙付けがたい高音質を有している。

今回のSACD/CDハイブリッド盤はCD層を聴いたが、SACDとは別にマルチビットのまま別にCD用のリマスターをしていて、それが力強いフレッシュな音質となっていて、普通のレコード会社から発売されているSACD/CDハイブリッド盤のCD層とはまるで異なるし、通常CDの同じ音源と比べても、音質差は歴然としていて、音楽を楽しむ上で非常に好ましく感じる。ハードカバーのデジパック仕様というのも高級感が有って良い。

収録曲

CD1

ベルリオーズ 幻想交響曲

ミヨー バレエ音楽「世界の創造」

CD2

ベルリオーズ 交響曲「イタリアのハロルド」

ミヨー ブラジルの郷愁より4曲

通常CDしか聴いていない人で、この音源が好きな人は是非手に入れてみる事をお勧めする。また、SACDプレーヤーを持っておらず、SACDを聴く環境が無い人でも、CD層の音質が本当に良いので買って損は無 い。エソテリックのSACD/CDハイブリッド盤のCD層も音質は良いが、力強さなどはTower Records Difinition Seriesの方が勝っていて、よりアナログLPの音質に近いので好みである。


にほんブログ村

|

« Dark Sky Island/Enya(アナログLP、デジパックCD) | トップページ | リムスキー=コルサコフ シェヘラザード他/ロストロポーヴィチ、パリ管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dark Sky Island/Enya(アナログLP、デジパックCD) | トップページ | リムスキー=コルサコフ シェヘラザード他/ロストロポーヴィチ、パリ管(Tower Records Difinition Series SACD/CDハイブリッド盤) »